資料請求

表現学科のコース

放送表現コース自らの声とその個性を生かして表現する技術を学びます。アナウンサーやナレーター、声優、あるいは介護や医療の現場での読み聞かせなど、さまざまなフィールドで活躍する「声のプロ」を目指しましょう。

放送表現コースで身につける力

放送表現コースで身につける力

カリキュラムの特長

多様なジャンル、メディアを横断的に学ぶ

主な講義

メディア表現論、放送文化論、映像文化論、メディア産業論など、放送の定義・役割・倫理・人権・リテラシーを学びます

編集表現演習

ラジオ・TV番組などを企画・取材・編集・制作します

作品創作例

  • 大学情報番組を企画制作
  • 地域FMラジオで情報発信
  • アニメアテレコ

1~4年次の段階的なスキルアップ

1年次

基礎理論/ワークショップ

  • アナウンスメントの基礎を学ぶ(発音・発生・言葉・文章)
  • 伝え手としての基礎力、センスを磨く
  • 時事問題・時事単語に接し、時代感覚を身に付ける
  • SNSの理論を身につけ、制作スキルを磨く

2年次

基礎理論/実践/演習

  • 「何故/何を伝えるのか」その問いをいつも心に持つ
  • ラジオ・テレビ・SNS番組の全体像を学び、ミニ番組を制作
  • 企画の立ち上げ、取材・台本・撮影・編集などを実践する
  • 完成品を定期的に発表し、お互いに批評し理論付けもする
  • 上記3部門で、適宜プロから的確な指導を受ける

3年次

各ジャンルの編集制作物を手掛ける

  • 社会とのかかわりの中で、自分が興味あるものをラジオ・テレビ・SNS番組として制作する

4年次

卒業制作を通じて実践的な力を磨く

  • ゼミ形式でテーマを深く掘り下げて番組化する
  • 企画、取材、台本、撮影、完成品納品という過程を経て卒業制作番組を作る

教員からのメッセージ

松永 二三男 教授

編集表現コースたしかな「日本語」を学ぶ
感じたことを魅力的な言葉に載せて、自分の身体、顔、声、身ぶり手ぶりで伝える。その技術を学ぶ過程では、きっと今まで気付かなかった、新しい自分を発見できるでしょう。感性を磨き、個性を築き、社会とつながるためのツールとして、まずはしっかりとした日本語の話し方を学びます。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる