資料請求

授業ピックアップ

日本史概論

授業ピックアップ 日本史概論 古代から近現代までの日本史の基本的なものの見方を身につけることがこの講義の目標です。高校までの歴史認識では、現在の歴史研究の成果が到達している史実を理解できません。そこで本講義では、近年の研究の現状を踏まえて講義し、新しい歴史認識を理解してもらいます。ただし、個々の細かい史実よりも、古代・中世・近世・近代・現代の時代区分、時代的特徴などについて、最近の研究成果を踏まえて講義します。

担当教員:宇佐美 正利教授からのメッセージ

 大学は研究の場です。早く自分の研究テーマ・フィールドなどを決めて、それに関する書籍・論文・史料などを集めて、コツコツと研究していって下さい。私は、日本古代史とくに仏教関係を中心に研究してきました。現存最古の仏教説話集の『日本霊異記』にみられる古代の民衆の仏教信仰がメインテーマでした。同時に菩提寺が曹洞宗寺院なので、その寺の史料の調査を長期にわたって行ってきました。その時に得られた蓄積にもとづき、ややもすれば敬遠されがちな仏教史についてわかりやすく講義します。また、予備校や高等学校での豊富な教職経験を活かし、日本史全般について、高校の日本史とは一味違った日本史の講義を行いたいと思います。

歴史調査法

授業ピックアップ 歴史調査法歴史研究に必要とされる参考文献や史料の収集の仕方を学びます。調査をより効果的に実施できるようにウェッブ上で公開されている研究機関のホームページにもアクセスしてデータベースの利用方法なども学びます。高校の日本史や世界史の授業では、教科書を与えられ、そこに書かれている歴史的事実を教えられる場合が多かったことでしょう。しかし、大学の授業では自らの手で研究テーマを見つけ、自分自身の手で参考文献や史料を集め、自分自身で史実を発見していかなくてはならないのです。そのための前提として文献や史料収集のやり方を学びます。

担当教員:森田 喜久男教授からのメッセージ

大学では、高校までの受け身の姿勢ではなく、自ら主体的に学ぶことが求められます。そのためには自分を取り巻くあらゆるものに関心を持ち、本物と偽物とを見抜く眼力を養う必要があるのです。また、大学の図書館だけではなく、公文書館や博物館などナマの歴史史料、考古資料が存在する施設に積極的に出かけて自らの手で学ぶ必要があるのです。この授業では、教室における座学だけではなく、公文書館、図書館、博物館、埋蔵文化財センターに出かけていき、施設の利用の仕方、貴重な史料を取り扱い方など歴史調査の基本を実地に体験できる実践的な授業の形態をとっている点が大きな特徴です。この授業を受講した後、歴史が単なる「暗記科目」ではないことを実感するでしょう。

東洋史(中国)

東洋史(中国)中国の歴史の大きな流れを把握します。中国は、古代から現代まで一貫して中国文明が存在しました。その文明は漢民族を中心としながらも、周辺諸民族との関係性の中で相互に影響を与え合いながら発展してきました。この授業では中国の歴史を概観し、時代や王朝ごとの特色を把握すると同時に、一貫した流れを追うことも重視します。授業は基本的に講義形式ですが、必要に応じて質疑応答の時間を設け、自ら学習する姿勢を促すように心がけたいと思います。

担当教員:三宅 俊彦教授からのメッセージ

自分の興味を持ったテーマを自ら深く探求することで、深く広い視野を手に入れて下さい。歴史は過去を通して現在を理解する学問ですが、その先に未来を見通す視点をはぐくむことができます。それは社会に出てからもきっと役に立つことでしょう。 私自身はユーラシア大陸東部の出土銭について研究しています。歴史学ではなく考古学が専門なので、貨幣史ではなく出土銭から当時のユーラシア東部で流通していた銭貨の実態を解明することを目指しています。これまで中国・モンゴル・ベトナム・インドネシアなどの出土銭を調査してきました。その成果も取り入れながらダイナミックな講義を展開していきたいと思います。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる