資料請求

歴史学科 ゼミ紹介

最終更新日:2018年07月05日

研究テーマ 日本古代史・ジェンダー史

人文学部 歴史学科 4年 奥泉 萌子さん

奥泉 萌子さん
私の一言
興味を持った研究テーマを自分で決めます

陽成院を研究テーマにしています

ゼミのメンバーはそれぞれ自分の研究テーマを自分で決めます。私は陽成院に焦点を当て、研究しています。古代史の授業で学んだ人物の内容に興味をもったためです。他のメンバーは、光明子、藤原道長、菅原道真、藤原行成等を研究テーマにしています。自分のテーマを決める際に、同様の先行研究などをよく調べておくとよいと思います。

学生が中心となって進行しています

授業の進め方としては、先生からのその日の内容についての提示があり、担当の学生が進行していきます。担当学生は事前にだされた課題について自分で調べたことをまとめ、プリントしてメンバーに配布します。プリント内容に沿って発表し、発表内容に対して質疑応答するという形式です。その後先生から、発表内容についての解説とアドバイスがあります。

研究テーマに沿ったフィールドワーク

ゼミ合宿は研究テーマに沿った場所に行きフィールドワークを行っています。

奥泉 萌子さん

田中ゼミ

長期的なスパンでものごとを捉える力が身につきます


人文学部 歴史学科 助教 田中 洋平先生

バラエティに富んだ研究テーマ

歴史学科では各ゼミでさまざま国や時代を研究しており、私のゼミでは、日本の近世から現代までを研究対象にしています。ゼミには現在10名の学生がいますが、それぞれバラエティに富んだ研究テーマを選んでいます。女子学生が多いこともあり、江戸時代の出産や、近代の女性雑誌に見る恋愛観などもあれば、第二次世界大戦の海軍の動向や、江戸時代の交通史としての飛脚の研究などもあります。

各自の研究成果を発表する

史料の探し方をふくめ、歴史の研究を進めていくために必要な知識や技術は、1、2年次に徹底的に学んでいるため、3年次のゼミでは基本的に各自で研究を進め、授業ではその時点での研究成果を発表するという形式をとっています。
もちろん、私自身も学生の研究テーマに合わせて論文などを読み込んでいますので、必要に応じて、指導やフォローを行います。

史料を読み解き、論理的に考える

歴史学では「史料のないところに歴史学はない」という大原則があります。高校生までは、歴史といえば教科書をもとに勉強してきたと思いますが、大学での歴史学は、自分たちで史料を探すところから始まります。近世以降であれば、ひとつの論文を書くために最低でも数百点単位の史料が必要です。歴史を研究することは、史料という多くのデータを元に、論理的にものごとを考える作業なのです。

合宿し古文書を整理する実習

研究で触れる多くの史料は、博物館や史料館などに保管されている整理された史料です。私のゼミでは、夏休みに石川県のお寺に合宿し、その蔵に眠っている古文書を整理する実習を行っています。虫食いだらけの繊細な古文書をそっとはがして、くずし字を読み解く作業は、非常に骨が折れ、時間のかかる作業です。この実習を通して、多くの先人の努力のもと、歴史を学べることを学生に実感してもらうと同時に、自らが歴史を築く一員になる醍醐味を感じてもらいたいですね。

ヒストリカルマインドを養う

私は、歴史学科での4年間の学びを通して、学生たちに歴史的なものの見方を身につけて欲しいと願っています。歴史は単に昔のことを学ぶのではなく、常に今現在や未来に至るまでの視点を持ちつつ、時代の流れを振り返る学問です。あらゆるものが激しく変化する今の世の中だからこそ、長期的なスパンでものごとを捉える、ヒストリカルマインドを養ってください。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる