資料請求

ちょっとだけ授業紹介(栄養学科)

看護栄養学部 栄養学科 3年

宮原 彩夏 (千葉県立市原八幡高等学校出身)
私の一言!
管理栄養士を目指しています。
必要な基礎知識を学び、実習ではグループワークを通して協調性も身につきます。

栄養教育論実習Ⅰ

自分の知識の幅が広がっていくことを実感

授業は班でのグループワークをメインに進められます。食生活調査を行い、結果を個人で振り返ってからグループで話し合います。「ワールドカフェ」では大きな紙をグループごとに配置し、お題について一人ひとり考えたことを書いていきます。シャッフルされて別のテーブルにいくと他の人のまた違った意見や考え方を知ることができ、自分の知識の幅が広がっていくことを実感できました。

解剖生理学実習

患者さんを相手にした時の言葉遣いや説明の仕方を学ぶ

フィジカルアセスメント(聴診・触診・視診等)を学生同士で患者役と問診する役に分かれて行います。バイタルサインのアセスメントに用いられる計測機器(血圧計・体温計・心電図等)の測り方を、実際に計測し合うことでその技能も学びます。サインに変化が起こるのかどうかを機器で計測しながら観察していきます。そして各班に分かれ、自分たちで決めたテーマについて実習を行います。計測機器の使い方や患者さんを相手にした時の言葉遣いや説明の仕方を学ぶことができました。またさらに、人体のスケッチをすることで、骨格筋や脳神経などの場所と名称、循環器などの構造を知ることができます。

調理学実習Ⅰ・Ⅱ

班で協力して1つのことを行う協調性が身につく

和・洋・中の基本的な献立のメニューを実際に作ります。まず先生がデモンストレーションを行い、そこで作ったものと同じメニューを作ることを目指します。そして班に分かれ、献立を考えてレシピを調べ、栄養価計算も行います。授業を通し、基本的な調理技術はもちろん、班で協力して1つのことを行う協調性が身につきます。また、班のメンバー内で担当決めをし、効率を考え、先生が作った師範台のものと相違点があれば、原因を追求するなど、自分たちで考え、考察する力が身につきました。

お気に入りグッズ

調理学実習Ⅰ・Ⅱで作成した献立のファイルです。盛り付けも工夫した出来上がりの写真も入れてあります。

スケジュール

6:00起床
6:30朝食
7:20通学
8:30登校
9:00授業
12:10ランチ
13:00授業
19:00帰宅
19:30夕食
20:00テレビ
20:30課題・レポート
24:00就寝(レポートが終わり次第)
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる