資料請求

学科長メッセージ

医療や福祉、教育の専門職と協働し人々の健康を守る管理栄養士を育てます

栄養学科学科長大山 珠美 教授

 2012年に創設された本学科には、管理栄養士の国家試験受験資格を取得するための充実したカリキュラムが揃っています。食は誰にとっても身近なものであると同時に、子どもたちの生きる力を育て、あらゆる人々の健康の基礎となる重要な要素です。一方、食習慣によって生じる生活習慣病や過剰栄養、老年期の低栄養、充分な栄養が取れない貧困家庭など、さまざまな問題も抱えています。こうした、食に課題を抱える人々の気持ちや置かれている環境を理解し、相手の立場に立って改善策を考えられる人材が、今後ますます求められることでしょう。
 本学の特長として、栄養学科の学生も、建学の精神である福祉の考え方を身につけ、さらに看護栄養学部の一員として看護師や保健師の業務を具体的に理解する機会に恵まれている点が挙げられます。こうした視点は管理栄養士がチーム医療の一端を担う上で必ず生きてきます。2016年度の新入生からは、4年次に他学部・学科と共同して行う「管理栄養士ネットワーク演習」のカリキュラムが設けられました。より深くチーム医療を知り、円滑に仕事を進めるための知識やスキルを身につける基盤が整っていますので、食と人に興味がある皆さんにぜひこの学びを体験していただきたいです。

学科長 大山 珠美

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる