資料請求

授業ピックアップ

臨床栄養学実習Ⅱ

臨床栄養学の知識を患者の栄養食事指導の体験を通して展開し、臨地実習に繋げます

臨床栄養学実習Ⅱ 桑原 節子教授 臨床栄養学関連授業は、臨床栄養学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ及び学内で行う臨床栄養学実習Ⅰ、Ⅱ、更に臨地実習として病院で行う臨床栄養学実習Ⅲがあります。 臨床栄養学実習Ⅱは、知識として得た臨床栄養学・病態栄養学を実際の実学として患者の栄養ケア、栄養マネジメント、栄養食事指導、病院給食管理の場面で展開する方法を学び、実際に体験することで、病院での臨地実習に繋げる役割を果たしています。これまでに得た知識力を統合し、実践に対応する自信と勇気を高め、倫理観を備えた管理栄養士となるためには、極めて重要な科目といえます。

桑原 節子教授からのメッセージ

 臨床栄養学実習Ⅱは、3年後期科目であるため、多くの学生が自身の適正や進路に悩む時、臨床栄養学が不得意と思っていても、実習を通して、患者の栄養管理へのやりがいを感じ、病院や介護施設での勤務を視野に入れるようになるチャンスでもあります。 これまでの病院勤務の経験を活かし、知識や方法を伝えるたけでなく、管理栄養士としてのあるべき姿、個々の目標となる「生きがい」をみつける種をまく思いで実習を企画しています。

食品評価論

食の専門家として様々な食品の品質を理解し、的確な評価の仕方を学びます

食品評価論 石井 克枝教授 人の生命を支え、健康の維持、向上のためには食事が大事であることは言うまでもありません。その食事を作り出すのが食品です。近年、わが国の食生活は伝統的に培われてきた和食に加えて、いわゆる欧米化、エスニック料理の導入などによって多様化し、食品の種類も急激に増加してきました。本講義では食の専門家として様々な食品の品質を理解し、的確な評価の仕方を学びます。栄養があるということだけでは人は食べません。そこには食べもののおいしさ、嗜好が深く関わっています。どのような嗜好があるのか、どのようなものをおいしいと評価するのかを調べる官能評価や食品を化学的や物理的な視点でその特徴を学びます。

石井 克枝教授からのメッセージ

 私たちは植物や動物の命いただき、命をつないでいます。植物や動物からそれがどのように変化して食品になったのか現代ではよくわからない人も多くなっています。栄養学科では、栄養学、食品学、調理学の面から実験・実習を行い、様々な食品の性質に触れています。それらを踏まえて食品を総合的にとらえられるように考える授業にしていきたいと思っています。講義形式の授業ですが、私の質問に学生が答え、わからないことをより詳しく説明するなど、授業中の学生の発言を活発にする工夫をし、コミュニケーションを大事にしています。学生たちには大学での経験を豊かにして、社会で食のリーダーとして活躍できるように実践力を身につけてほしいと思っています。

栄養生化学実験

管理栄養士にとって基礎的な知識、栄養素の働きや性質への理解を深めます

栄養生化学実験 平岡 真実准教授 栄養学は、食品成分と生体の相互作用について様々な面から理解しようとする学問です。生化学は、生体分子の機構や機能を調べ、それらの生体分子間の相互作用の解析を通して、生命現象を説明しようとする学問です。どちらも人間の健康や栄養に関わる管理栄養士にとって基礎的な知識として必要になります。この栄養生化学実験では、3大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)やビタミン、核酸に焦点をあて、食品や生体組織から抽出、定量あるいは定性することを通じて、栄養素の働きや性質への理解をより深めていくことを目標としています。(必修 2年後期)

平岡 真実准教授からのメッセージ

 人々の健康の維持・増進や、疾病の予防、治療において食は中心的な役割をはたします。栄養とは食べ物を取り入れる身体での代謝や、食べ物の質や量や食べ方など、食に関することすべてを意味しており、これらを理解することは、さまざまなヒトを対象とした栄養管理を行う土台を築くことです。栄養素の代謝や特性は、講義だけではイメージがわきにくい場合もあるため、それらを実験で体現することで、知識の定着になればと考えています。目から鱗、という結果が得られるかもしれませんね。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる