資料請求

文化コミュニケーション学科の教育目的

教育研究上の目的

文化コミュニケーション学科は、国・地域や民族の枠を超えたコミュニケーション能力を備え、そこに生きる人々の文化を理解しあい、共生できる人材(国際知識人)の育成を教育の目的にしている。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

  1. グローバルコミュニケータ、特に国際実業人として活躍できる人材を育成する。
  2. 日本、アジア、欧米の3つの文化を中心として、比較文化・歴史の視点から、グローバル化する社会、時代の流れに対応できる人材を育成する。
  3. 英語や中国語などの外国語を修得し、それらの言語を通じて世界の様々な地域の固有の歴史や文化を深く理解し、平和な社会、発展する社会の実現に貢献できる人材を育成する。
  4. 社会人基礎力、すなわちコミュニケーション能力及び的確な判断力と実行力をもった人材を育成する。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

  1. 日本、アジア、欧米の3つの文化を中心として、比較文化・歴史の視点から、異文化を体系的に学習する。
  2. 世界の多様な文化を学ぶとともに、他方国際化、グローバル化する社会、時代の変化を読みとる力を学習する。
  3. 英語、中国語等外国語の修得に努める。
  4. 海外研修やフィールドワーク等実践的学習、すなわち経験学習を重視する。

学生の受入方針(アドミッションポリシー)

  • 国際知識人、すなわち国際に係る職業人として活動、活躍をめざす方
  • 世界の文化、歴史等の学習に、興味がある方
  • 英語、中国語等外国語に興味があり、またそのバックグラウンドである外国や異文化に興味のある方
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる