資料請求

学科長メッセージ

体験と理論をバランスよく積み重ね、教育現場で真に活きる力を身につけてください

こども教育学科長 松原健司

子ども一人ひとりと向き合い、共に生き、共に学ぶ精神を育て、実践的指導力を育成するこども教育学科。その大きな特色は、教育実習以外にも教育現場での実習、ボランティアなど、子どもたちと触れ合い、向き合い、体験しながら考えるためのさまざまな機会を設けていることです。大切なのは、体験学習と理論学習をバランスよく行うこと。体験はとても大事ですが、それを深めるのは理論の学びです。理論を学ばず、体験だけでは学びは深まりません。しっかり学んだはずの理論が現場で通用しないこともありますが、その時こそ、理由をしっかりと考えてください。その積み重ねにより、教育現場でのいろいろな場面に対応できる力が身につきます。

学科長 松原 健司

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる