資料請求

学科長メッセージ

子どもたちと共に成長できる教育者をめざしてください

こども教育学科学科長松原 健司 教授

 本学科は、小学校教諭一種免許状を取得し、小学校の教員をめざす「初等教育コース」と、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格を取得し、幼稚園教諭や保育士をめざす「幼児教育コース」を設けています。いずれも地域の児童施設や教育施設での実習やボランティア活動を通し、共生という淑徳の福祉マインドに基づく実践的指導力と、「感恩奉仕」の精神を育成します。「初等教育コース」では、4年次に教育実習を終えた後も教員養成インターンシップに参加し、教材研究など、より専門的な知識と技術を高めます。「幼児教育コース」では、2年次から「淑徳子育て支援プログラム」に参加し、地域と連携しながら保育・養育技術を学びます。また、学内に学校現場経験豊富な教員が常駐する「教員・保育士養成支援センター」を設置し、教員免許状や保育士資格取得のための対策講座を実施するほか、フィールドスタディーや実習など幅広い内容のサポートを行います。
 学ぶことは本来楽しいことです。単に知識を詰め込み、正解に早くたどりつく技術を磨くだけでは、学びは深まりません。本学科では、学生たちにさまざまな知識や指導方法を身につけてもらうと同時に、多くの現場を体験することで、毎日新たな発見ができるような瑞々しい感性を育ててもらいたいと考えています。ぜひ、淑徳大学で、子どもたちと共に学び、成長する教育者をめざしてください。

学科長 松原 健司

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる