資料請求

教育目的

教育に関する規則

教育目的

 子どもの知・徳・体にわたるバランスの取れた成長と支援、子どもの心と身体の健やかな成長や発達と援助に必要な学校教育と児童福祉のあり方について、人間形成・人間発達・人間援助の観点から考究し、それを実践する能力を身につける。

人材像

 学校教育や児童福祉の分野において、子どもとともに学ぶ情熱を持ち、専門職としての能力を備え、幅広い視野と豊かな人間性に基づき同僚・保護者・地域と連携しつつ教育実践に取り組む人材。

教育目標、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針

教育目標

専門職としての高い使命感と倫理観、子どもに対する愛情を持ち、学校教育や児童福祉の分野における専門的知識・技能を修得するとともに、子どもに関わる人々と連携して、それらの知識・技能を活用する態度を身につける。

社会人にふさわしい常識と態度を身につける。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

  1. 学校教育や児童福祉の分野で専門職として活動するために必要な知識・技能を修得している。 
  2. 専門職としての職責と役割を自覚しており、学校教育や児童福祉の分野での課題解決に向けて、子どもにかかわる人々と連携して対応する能力を身につけている。
  3. 社会人に求められる常識と態度を身につけている。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

教育課程を、基礎教育科目と専門教育科目から編成します。基礎教育科目には、コミュニケーションや情報処理など、社会生活に必要な汎用的技能の修得をめざす基本的教育科目と、人間や社会に関する幅広い知識と豊かな教養の修得をめざす総合教育科目を配置します。
専門教育科目では、教育学や保育学に関する基礎知識の修得をめざすとともに、各専門分野での知識・技能の修得に加え、それらの知識・技能を実践的に活用する能力の育成をめざした編成とします。

学生の受入方針(アドミッションポリシー)

本学部は「実学教育による共生の理念を実践しうる人材の育成」という淑徳大学の建学の精神のもと、「自ら学ぶ実学教育」を基本方針としています。本学部・学科の教育目的は、学校教育や児童福祉の現場で、使命感と責任感、教育的な愛情を持ち、専門的な能力を駆使して子どもの指導を行うとともに、幅広い視野と豊かな人間性に基づき、同僚・保護者・地域と連携しつつ、教育事業に携わることのできる人材を育成することです。

求める学生像

  1. 学校教育や児童福祉の分野に対する興味と関心を持ち、教員や保育士になろうとする強い意欲を有している。
  2. 学部教育および教員免許や保育士資格の取得に向けての旺盛な学習意欲を有している。
  3. 高等学校で履修した主要科目の基礎的な内容を理解しており、教員免許や保育士資格を取得するための基礎学力を有している。
  4. 自分の考えを口頭や文章で適切に表現でき、他者に的確に伝えることができる。
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる