資料請求

教員・保育士養成支援センター企画 手遊び・パネルシアター講座開催

手品の「マジックカード」を覚えました!

手品の「マジックカード」演じ手が目を閉じている間に、子どもに1枚好きな動物カードを選んで家 の中へ隠してもらいます。他のカードも全て裏返したら演じ手は目を開け、 子どもが選んだ絵カードを当てます。 マジックの『ひみつの技』を学んで練習し早速試すと~大成功! 「やった~私にもできた~!!」と大興奮です。 「どうしてわかったの?」「私もやってみた~い」と観客の声。
みなさんも是非ひみつの技を探りに来てくださいね。

言葉遊び「コブタヌキツネコ」を作って遊び方をたくさん覚えました!

言葉遊び「コブタヌキツネコ」 ♪コブタ(コブタ)タヌキ(タヌキ)キツネ(キツネ)ネコ(ネコ)~ リズムに合わせてクルクル変身する不思議な絵人形(作:松家オリジナル)の パネルシアターを制作して遊びました。 しりとり・逆さ言葉遊び・手遊び等...対象年齢に合わせた様々な活用法 も学びみんないきいき!「卒業までにもっとここに通っていろいろな教材 と活用法を学びたい」と目を輝かせました。

世界にたった一つの自分の作品!オリジナルの「なんでもボックス」を 作りました!

オリジナルの「なんでもボックス」♪ク~イズクイズ3ヒントクイズ!他、様々な活動や授業の導入に使える「なんでもボックス」を制作しました。アウトラインが印刷されたパネルシアター用の素材(Pペーパー)に自分の好きな色柄を塗り一人一人のオリジナルボックスが出来上がりました。
出来上がると、早速友達同士で「さあ。中には何が入ってると思う?」「ほら、あま~いにおいがするよ」「アイスだ~!」と楽しいやりとりが始まりました。なんでもボックスでの遊びをもとに「アイス」の手遊びをしたり、「とんぼのめがね」を歌ったり、生活指導に発展させたり...、 視覚的教材は子どもたちの興味関心を引き出し、教員(保育者)と子ども、そして、子ども同士の心をふれあわせながら遊ぶ (学ぶ)ことができる魅力的なものであることを実感しました。

オリジナルの「なんでもボックス」 オリジナルの「なんでもボックス」

教員・保育士養成支援センター

  • 場所:2号館2階
  • 連絡先 電話 049-274-1511(代)
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる