資料請求

教員・保育士養成支援センター 保育実践的指導サポート

保育に生かす手作り教材

<タオルと輪ゴムだけで作れるタオル人形>作:松家まきこ

  1. タオルと輪ゴムがあれば保育の流れの中でぱぱっと作れます。
  2. ちょっとしたアレンジでいろんなキャラクターが作れます。
  3. 人形劇はもちろんコブタヌキツネコのうた遊びなどもできます。
alt文

<パネルシアター「なんでもボックス」> 作:松家まきこ

(出典:「保育いきいきパネルシアター」松家まきこ著/大東出版社)
  1. においや重さなどのヒントを伝えながら中身が何かを当てます。
  2. 「ひらけよひらけよポン」と唱えて箱のふたを開けます。
  3. 「ク~イズクイズ」「な~んのクイズ」とやり取りをして遊ぶのも楽しいでしょう。
  4. 歌や遊びの導入や自己紹介など

様々に活用できる便利な教材です。

パネルシアター「なんでもボックス」

<パネルシアター「クイズトラック」> 作:松家まきこ 

  1. 乳幼児~学童まで、幅広い年齢を対象に活用できます。
  2. 絵や文字(ひらがな・漢字もOK)をトラックの荷台に差し込み、ヒントの扉を少しずつ開けて中身が何か当てます。
  3. 野菜の絵をいっぱい描いて「やおやのおみせ」のゲーム遊びにも発展できます
  4. この作品は画用紙でも作れますので、子どもたちが描いた絵や文字を差し込んで使ってもよいでしょう。
パネルシアター「クイズトラック」

<パネルシアター「そっくりさん」>作:松家まきこ

(出典:「保育いきいきパネルシアター」松家まきこ著/大東出版社 )
  1. 顔を隠した動物が2匹。いったい誰でしょう。♪そっくりさん~と手遊び歌をうたい、子どもとやりとりを楽しみながらあてっこをします。子どもは間違い探しが大好き。「あ!しっぽの形が違うよ」などと、気付いたことを教えてくれます。
  2. 「いないいないばぁ」と顔を見せてもよく、乳幼児から楽しめる作品です。
  3. 保育者とのやりとりを楽しみながら、話を見聞きする面白さや、自分なりに気づいたり考えたりしたことを伝える(表現する)喜びを味わうことができます。

<パネルシアター「誰のあしあと?」>作曲/古宇田亮順 絵/松家まきこ

(出典:「誰のあしあと?」共著/アイ企画)
  1. ♪みつけたみつけたあしあとみ~つけた~と歌いながら、動物の足跡を貼ります。
  2. 後ろ姿が出し「だ~れだ ?」と尋ねると、「ねこ~」と子どもたちが元気に応えてくれます。
  3. 演じやすく、動物園の遠足や散歩、スタンピングの前の導入にもぴったりの作品です。

<シルエット遊び「乗り物だいすき」>作:松家まきこ

(出典:保育月刊誌「保育のひろば」メイト 作詞・作曲/松家まきこ)
♪乗り物大好きゴーゴー!ブッブッブッブーとやってきたのは何の乗り物?~そう、くるま!みんなで車に乗りましょう。ブッブッブ―ン!
シルエット遊び「乗り物だいすき」
  1. シルエットクイズをしながらいろんな乗り物に乗ったら、最後は全部の乗り物に順番に乗ります。手遊びが楽しい作品です。
  2. 乳幼児は大人のひざの上で親子のふれあい遊びとして楽しむことができます。
シルエット遊び「乗り物だいすき」

<広告紙遊び「大好きなものいっぱい」>

  1. 広告紙や包装紙には子どもたちの好きなものがいっぱい載っています。はさみが使えるようになった子どもたちと好きなものを見つけてチョキチョキ切りましょう。画用紙にスクラップすれば、自分だけの大好き図鑑が完成!
  2. 切り取った写真の裏にパネルシアター用の不織布(Pペーパー)やリードクッキングペーパーを貼り合わせればパネルシアターの絵人形としても使えます。
  3. また、黒のフェルトを貼れば「乗り物大好き」のようなシルエットクイズ遊びをして楽しむこともできます。
広告紙遊び「大好きなものいっぱい」

<フェルトの形遊び> 作:松家まきこ

(出典:「実習に役立つパネルシター」共著/萌文書林)
  1. ○△□に切ったフェルトをいろいろ組み合わせてパネル板(パネル布を貼った板)に貼り、何の形に見えるか「あてっこ遊び」をしましょう。子どもたちの色や形への興味関心を高め、想像力を膨らませながら遊びます。
  2. 子どもたちにも並び替えてもらい、他にどんな組合せの絵ができるか子どもたちと応答しながらいろいろ試してみましょう。
  3. 大きなパネル板を壁に立てかけて固定し、子どもたちが好きなように貼って形遊びをたのしむこともできます。
  4. 動物などの絵人形も作っておくと、お話作りやごっこ遊びなど、様々な遊びに発展していくことができます。
フエルトの形遊び

<パネルシアター「アイアイ」>
作詞:相田裕美 作曲:宇野誠一郎 絵/作品構成:松家まきこ

(出典:「保育いきいき!季節の歌のパネルシアター」松家まきこ著/大東出版社 ) 
  1. 子どもたちと歌いたい歌をパネルシアターやペープサートしておくと、歌詞も覚えやすく、繰り返し楽しむことができます。
  2. 楽しくたくさん歌ったら、楽器遊びや劇遊びに発展させて楽しむのも良いでしょう。
  3. 教員・保育士養成支援センターは、教員免許状・保育士の資格の取得を希望する学生に必要な一般的、専門的な知識や技能を身に付けるための支援や教職課程の円滑な運営、教員養成にかかわる業務や情報の提供などを行います。
パネルシアター「アイアイ」

教員・保育士養成支援センター

  • 場所:1号館2階
  • 連絡先 電話 049-274-1511(代)
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる