資料請求

卒業生に聞く私たちの今

ゼミや実習の学びから将来の目標が明確になりました

神場さんメイン写真
神場 譲さん
【勤務先】東邦大学医療センター佐倉病院
《総合福祉学部 社会福祉学科 2015年3月卒》

福祉の学校として歴史と充実したサポート体制

介護職員の母の影響で、高校入学時に福祉職に就こうと決めました。両親の勧めと、福祉の学校として歴史があることから、淑徳大学を選びました。現在は社会福祉士として、病院を受診した患者さまが自宅以外の療養先を探す必要がある場合などに、医師や看護師、病院外の機関などと連携し、患者さまが安心して過ごせる環境を整えていく仕事をしています。 社会福祉士の資格取得までは、キャリア支援センターの充実したサポート体制を利用して効率的に勉強することができました。

さらに精神保健福祉士の資格取得をめざしています

今は、さらに精神保健福祉士の資格取得をめざし、通信教育を受けていますが、大学時代の手厚いサポートや、私に喝を入れてくださる先生方の存在がどれだけ大きかったことかと、身に染みて感じています。時間のある学生のうちに、取得できる資格はぜひ取っておくことをお勧めします。

1日のスケジュール

7:00起床
8:00家を出る
8:30出勤、スケジュール確認
9:00~11:30受け持ち患者さん・家族との面談
11:30~12:30昼食
12:30~13:30面談
13:30~14:30カンファレンスへの参加
14:30~17:00面談(院外機関との連絡調整など)
18:00帰宅
19:00~21:00夕食、入浴
21:00~24:00ランニング、課題・研修への取り組み
24:00就寝

お気に入りグッズ

走ることが好きなので、就職してからリフレッシュのためにランニングを始めました。夕食後、夜9時から1時間ほど走るのが日課です。

障がいを持つ子どもを全力で支え、笑顔を引き出したいです

本田さんメイン写真
本田 健人さん
【勤務先】千葉県立桜が丘特別支援学校(県職員)
《総合福祉学部 教育福祉学科 学校教育コース 2016年3月卒業》

専門性の高い知見を備えた先生方と1、2年次からの実習体制

特別支援学校教諭だった父の学校を見学したことがきっかけで、自分も同じように働きたいと感じ、特別支援学校教諭をめざしました。淑徳大学には、肢体不自由児や知的障がい児など、さまざまな障がいに対する専門性の高い知見を備えた先生方がたくさんいらっしゃり、とても勉強になりました。3年次から「ちば!教職たまごプロジェクト」に参加して学校現場に出た時も、1、2年次の実習ですでに現場経験があったことから、落ち着いてボランティア活動ができました。

「一生懸命」をモットーに日々を積み重ねていきたい

今は夢がかなって、特別支援学校で小学部4年を担当しています。どうしたら子どもたちの笑顔を引き出せるか、肢体不自由からくる困難にどんな支援が必要か、長期的な目線で考えながら、今後も「一生懸命」をモットーに日々を積み重ねていきたいです。

1日のスケジュール

6:30起床
7:00家を出る
8:30勤務開始 会議
9:00~12:05授業
12:05~13:00給食
13:00~14:30授業
14:30~18:30掃除、職員会議、打ち合わせなど
19:00帰宅
19:00~22:00夕食、入浴など
22:00就寝

お気に入りグッズ

音楽を聴くのが好きなので、iPhoneやウォークマンが手放せません。移動中などにも好きな音楽を聴いています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる