資料請求

授業アンケートの実施方法

 授業アンケートには、授業科目別の学生が回答するアンケート(学生アンケート)と授業科目別の教員が回答するアンケート(教員アンケート)の2種類がある。前者は各科目の履修学生を対象としたアンケートであり、後者は各科目の担当教員を対象としたアンケートである。なお、アンケートの対象授業科目によっては、総合福祉学部とコミュニティ政策学部の学生がともに履修学生として回答している場合、さらに千葉第二キャンパスの看護栄養学部生などが含まれている場合があることにあらかじめご留意いただきたい。 学生アンケート、教員アンケートそれぞれの実施方法は以下の通りである。

  1. 学生アンケートの実施方法
    a)対象科目:
    学生アンケートの対象科目は、千葉キャンパスの全教員の担当する、講義科目および外国語科目である。なお、演習科目、実習科目でも、担当者が希望した場合はアンケートを実施したが、本報告書には記載していない。
    b)実施時期:
    前学期は6~7月、後学期は10~11月の間で、担当教員ごとに任意の時期にアンケートを実施した。ただし、アンケート結果をできるだけ当該学期の授業のすすめ方に反映させることができるよう配慮するものとした。
    c)アンケート項目:
    本報告書巻末に添えた調査票で示したとおり、A4版用紙1枚の調査とした。主な項目としては、授業への満足度、授業への要望などである。
    d)教員への結果報告:
    学生アンケートの結果は、1)各項目の単純集計、2)各項目の学年別相対度数、3)自由記述の内容について、アンケート実施後3週間程度で担当教員に書面で届けられている。
    e)アンケート結果の活用:
    学生アンケートの結果を授業にどのように反映させるかは、担当教員ごとに任意としたが、次に述べる教員アンケートにおいて、その状況を報告するものとした。
  2. 教員アンケートの実施方法
    a)実施時期:
    前学期8月、後学期2月、成績報告とほぼ同時期に実施した。
    b)アンケート項目:
    本報告書巻末に添えた調査票で示したとおり、両面印刷でA4版用 紙1枚の調査とした。主な項目としては、学生の授業理解度、学生アンケートで報告 された要望に対してどのように対処したかなどである。
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる