資料請求

授業ピックアップ

心理学実験法 

「科学としての心理学」の実験方法を学び自ら立案・実施・結果分析ができるようになることを目指します

心理学実験法 神 信人教授心理学は、データにもとづいて人間の心理や行動の原理を探ることを目指してきました。この「科学としての心理学」にとって最重要な研究法が実験です。実験を用いることで、人間の心理や行動の背景にある因果関係の解明が可能となるからです。本講義では、この実験について、1)背景にある科学の考え方、2)実験という方法の論理、3)その具体的な手続き、4)実験データの解析方法のそれぞれについて講義します。できる限り具体的な実験研究例を挙げながら講義することで、受講者1人1人が自分の頭で考えながら実験という方法を理解し、最終的には自ら実験を立案・実施・結果分析ができるようになることを目指します。

神 信人教授からのメッセージ

実験を含む科学的方法というのは、現代社会で最も力のある「ものの見方」です。その力の源は「誤りを正せること」にあります。「人間の心」がどのようなものかについては、新興宗教の教祖様でも語ります。ただそういう人たちは、自分が誤っていてもそれを正すことはできません。それに対して、実験などによるデータの裏付けを求める科学では、どんな御高説でも実験結果に支持されなければ誤っていると考えなければなりません。このように誤りを認められるからこそ、科学は役に立つ知識を蓄積してくことができるのです。実験法を通してこうした科学的視点を学ぶことで、情報社会に必須な「知識を見分ける目」を養ってください。

カウンセリング概論

カウンセリングとはどのようなものであるかについての基本を学びます

カウンセリング概論 久保田 美法准教授カウンセリングとはどのようなものであるかについての基本を学ぶ授業です。カウンセラーとクライエント(来談者)が出会い、共に歩む中で、どのように心が動き、変容していくのか、様々な事例に触れたり、絵本や映画などを通して考えます。カウンセラーの姿勢や視点を知るとともに、こころというものの不思議さも感じてもらえたらと思っています。

久保田 美法准教授からのメッセージ

 カウンセリングは、本を読むだけでわかるものではありません。講義形式の授業でも、自分にとって未知のものに思いを馳せたり、他者の声に耳を傾けたり、自分自身をふりかえったり...いろんなことを感じとって、こころが耕される時間になったらいいなと思っています。そこから自分なりにカウンセリングの意味をみつけてもらえたら嬉しいです。

発達心理学概論

心の機能がどのような道筋をたどって発達するのかについて概説します

発達心理学概論 金丸 智美准教授人の心や行動が、生涯にわたり生物学的要因と社会や文化など環境的要因との相互作用に影響を受けながら発達することを学びます。具体的には、胎児期、乳児期、幼児期、児童期、青年期、成人期、老年期という各発達段階において、どのような課題と危機があるのか、言葉、情緒、自己意識、社会性、思考能力など人独自に備わる心の機能がどのような道筋をたどって発達するのかについて概説します。講義形式を基本としますが受講生の理解を深めるために、事前学習の課題や映像資料を視聴しての意見をもとにした少人数のグループでの話し合いなども随時取り入れます。

金丸 智美准教授からのメッセージ

 なぜ人は言葉を話し、他者の気持ちを理解して協力し合い、物事を記憶し学習することができるのでしょうか。このような心の機能の発達の道筋やメカニズムを知ることで、人という存在の不思議さに改めて気づくと同時に、人の行動の背後にある心の動きに思いを馳せることができます。私達はこの世に生まれて以降、様々な人やモノに囲まれ影響を受けながら、それぞれの個性を持った大人へと育っていきます。そして人を愛し、家族を持ち、働き、老いて死を迎えるというライフサイクルの中で次の世代に命を引き継いでいくのです。どの年齢であっても葛藤や成長があるということ知ることで、他の世代の人々への共感や理解を深めることができるはずです。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる