資料請求

GPA制度

GPA制度とは

 GPA(Grade Point Average)は授業ごとの成績(本学ではS・A・B・C・D)の評価それぞれに対して4・3・2・1・0のグレードポイントを付けて、全履修科目の平均を算出したもので、アメリカの大学で広く採用されている世界に通用する成績評価システムです。
GPAによって自分の学習成果を自分自身で把握することができるメリットがあり、本学では科目の履修にあたって、ただ卒業するのに必要な単位を取得するのではなく、学生が主体的にかつ充実した学習成果をあげることを目的としてこの制度を導入しています。
GPAは、奨学金受給を申し込む際の選考で考慮されています。また、海外留学や語学研修先の大学から公正な成績を示す資料として、報告を求められることもあります。さらに、今後はインターンシップや就職活動にも広く活用していきたいと考えています。
このようにGPAは入学から卒業までの様々な選考の資料となるので、各自で常に意識して学習計画を立ててください。

成績の評価方法とGP(グレードポイント)

評 価評  価  点GP合否
S(最優秀) 90点以上 4点 合 格
A(優秀) 80~89点 3点
B(標準) 70~79点 2点
C(可) 60~69点 1点
D(不可) 59点以下と履修放棄 0点 不合格

GPAによる特典とフォローアップ

GPAが良い学生にはこんな特典があります。

  1. 入学時より卒業時までの累積GPAが3.5以上の学生に対しては、卒業時に成績優秀者として表彰します。
  2. 1つの学期(1セメスター)の成績が優秀な学生のうち各学年上位者を表彰し、特に優秀な学生には奨励金等を給付します。
  3. 前学期より著しく成績が向上した学生を表彰し、奨励金等を給付します。。
  4. 履修上限単位が上がると、セメスターごとにより多くの単位を履修できますので、4年間の在学期間を自分の目標や計画にあわせて有意義に過ごすことも可能となります。

成績優秀者・向上者の選考方法について

 選考方法は以下のとおりです。

  • 成績優秀者は、卒業要件科目の取得単位(認定単位を除く)が16単位以上で、かつGPA3.0以上であることを原則とする。
  • 成績向上者は、2セメスターとも卒業要件科目の取得単位(認定単位を除く)が16単位以上で、GPAに関しての制限はしない。
  • 成績優秀者と成績向上者が重複した場合、原則として成績優秀者として選考する。
  • 選考対象者は1~3年次の学生とする。

GPAがおもわしくない学生へのフォローアップ

  1. 1つの学期(1セメスター)のGPAが1.0未満となった学生は、本人を呼び出しアドバイザーによる注意と指導を行います。
  2. GPA1.0未満が2学期(2セメスター)連続した学生は、本人及び保証人(保護者等)を交え、アドバイザーと学習支援センターが補習を実施するなどの継続的な支援を行います。
  3. GPA1.0未満が3学期(3セメスター)連続した場合は、本人及び保証人と学部長とが面接し、就学意思の確認を行います。就学意志がある場合には、アドバイザー及び学習支援センターが履修計画を抜本的に見直すなど学習相談を行います。

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる