資料請求

カリキュラム

主な科目例

共通科目

  • 保健医療福祉学特論
    保健、医療、福祉にかかわる各専門職の連携・協働のあり方を検討する。
  • 看護学研究特論
    研究者や教育者にも、指導的看護職者や看護管理者にも共通的に求められる看護研究に関する研究手法や研究能力を習得する。
  • 看護倫理学特論
    看護現場における倫理的判断や倫理的課題に介入できる能力を高める。
  • 看護政策学特論
    看護政策をめぐる諸課題や政策決定過程を理解する。
  • 看護教育学特論
    学生や看護師への看護教育及び患者や家族への指導に関する知識と能力を高める。
  • ターミナルケア(看取りをめぐる諸問題)
    終末期の患者に対して身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減するための総合的な措置や看取りをめぐる諸問題についての理解を深める。
  • 臨床ケア論
    人間理解、客観化における主観の捉え方、理性と完成の関係、聴ける、見えるという援助者のケアの実践力を育てる。

看護展開科目

  • 基礎看護学特論/基礎看護学演習
    看護学の基本的かつ主要な概念や看護理論と看護実践に必要となる基礎看護技術の展開や体系化に関する能力を高める。
  • 病理病態学特論/臨床病態学演習
    看護実践の質を高めるために必要となる病態に関するアセスメント力を高める。
  • 小児看護学特論/母性看護学特論/成人看護学特論/緩和ケア特論/老年看護学特論
    小児看護、母性看護、成人看護及び老年看護に関する高度な専門的知識と応用的能力を身につける。
  • 小児看護学演習/母性看護学演習/成人看護学演習/老年看護学演習
    各看護援助に関する最新の知見や動向に関する知識を深め、看護の対象の特性や看護の場面に応じた現象を科学的に探求する。

看護管理科目

  • 看護管理学特論/看護管理学演習
    看護専門職の役割と看護の質保証や看護師としても自律と協働、キャリア開発、チームアプローチ、人的資源管理など、看護におけるマネジメントについての能力を高める。

地域連携・協働科目

  • 地域看護学特論Ⅰ・Ⅱ/公衆衛生看護学特論
    地域の保健・医療・福祉分野における他職種の連携・協働に関する高度な専門的知識と応用的能力を身につける。
  • 地域看護学演習/公衆衛生看護学演習
    各看護援助に関する最新の知見や動向に関する理解を深め、看護の対象の特性や看護の場面に応じた現象を科学的に探求する。

研究指導科目

  • 看護学特別研究
    各自の看護に関する課題を見出し、自らの研究課題について科学的に探求する能力を養う。1年次後期より一貫した演習形式による研究指導を行い、研究成果を修士論文として完成させるまでのプロセスを指導する。

教育課程の編成・実施方針 (カリキュラムポリシー)

看護学研究科看護学専攻修士課程では、本学の建学に理念である 「大乗仏教の精神に基づき、社会福祉の増進と教育とによる人間開発・社会開発に貢献する人材の育成」を 教育の基本に据え、地域社会の人材需要や大学院進学希望者の進学需要を踏まえて、 看護学分野における教育内容を絞り込んだ教育課程として編成します。 具体的には、看護学分野に関するより高度な専門的知識と応用的能力を獲得するとともに、 看護学研究に必要な手法や能力を身に付けることにより、看護の実践と研究の推進、 人材育成を行いうる人材を養成します。EE置「基礎科目」、「看護展開科目J、「看護管理科目J、 「地域連携・協働科目j、「研究指導科目jの各科目群を設け、 高度な専門性を有した人材として必要となる理論的知識と応用的能力を 体系的に身につけることが可能となるよう教育課程を編成しています。 また、自己の研究領域とその関連領域についても同時並行的に履修できるように編成してします。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる