資料請求

三年制長期履修制度

趣旨と制度の概要

この制度は、職業を有している等の事情により、標準修業年限(2 年)での教育課程の履修、課程修に必要な単位の取得や学位(修士)の取得が困難な社会人等を対象にあらかじめ就業期間を 3 年間と 設定し、これに添って、授業科目の履修(実習を含む)、学位(修士)取得に向けた研究計画を立て、研究の深化を図っていく制度です。

(1)三年制長期履修コースの適用対象と選択の時期

このコース選択は、看護学研究科看護学専攻修士課程に入学手続きをされた社会人等が対象となりま す(過去に職業を有し、或いは、社会人経験がある、一般入学試験で合格し、入学した社会人も対象 となります)。

このコースの選択は、入学手続き時に願い出て選択します。入学後は、認められませんので希望され る方は、予めご相談ください。

(2)学費

このコースを選択した場合の学費は、2 年の標準年限を在学期間とする通常の場合の 2 年間分の学費 を 3 年間で分割納入することになります。ただし、3 年間で課程を修了できない場合の 4 年目の学費は、 通常の 1 年間の学費となります。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる