資料請求

授業ピックアップ

心理学専攻 修士課程

心理臨床センター 面接室 心理臨床センター 面接室

発達心理学、対人心理学、臨床心理学等の心理学に関する専門的な知識をもとに、社会的・学問的要請に応じた研究を実践していくとともに、これらを基盤として、共生社会実現に資する実践的な運用力を持った心理専門識者を養成することを教育研究目標としています。 2つの領域で2種類の資格をもって活躍する心理専門職、発達・社会心理学の研究分野に特化したより高度な具体的知識を生成するための専門的研究を養成する上での講義・演習や実習の中から科目を紹介します。

精神医学特論

小川 恵

専門実践的な心理学を学ぶ上で基礎となる理論および技術について理解をすることを目的とする基礎 科目にいちづけられ、そのなかでも本講義は、医療現場・学校精神保健・育児支援・保育・福祉・産業など、多様な場面における精神医学的援助の理論を学ぶことを目的とします。 医療現場・学校精神保健・育児支援・保育・福祉・産業など、多様な場面において、独りよがりでなく、かつ自分らしい心理臨床的な支援のあり方を構築するための、視点や対象化意識を獲得する。精神医学的援助や看護のケアあるいは福祉的支援と心理臨床の援助の共通点や違いを踏まえて、共働するための知識を掴む。

心理学研究法特論

大橋 靖史

量的研究と質的研究に関する基本的な理解をするとともに、自身が行う予定の研究の方法論を明確化す ることを目的とする。心理学は、研究法の違いによって全く異なった様相を呈する。そのため、心理学の研究を行うためには、研究法の習得が不可欠となる。従来は、実験的方法や統計的分析が主流であったが、近年では、質的研究や実践研究も大きな位置を占めるようになってきた。この授業では、こうしたさまざまな研究法についての理解を深めるとともに、研究法を実際の研究と結びつけて考えていく。

心理学統計法

神 信人

量的な心理学研究に必要な統計解析に関する知識と技能を習得することを目的とし、量的な心理学研究に必要な統計解析に関する知識と技能を、実際にデータ解析を体験することを通して学ぶ。 次のそれぞれの分析の具体的な解析手続きと解析結果の解釈および報告方法の習得。 ①データ入力と読み込み、②基本統計量の算出、③χ2検定、④T検定、⑤分散分析、⑥相関分析、 ⑦重回帰分析、⑧パス解析、⑨主成分分析、⑩因子分析、⑪クラスター分析。 実習形式で、統計ソフトSAS(Statistical Analysis System)を用いて調査データに関する統計分析を実際に行い、その結果を整理して、調査報告レポートを作成する。

臨床発達心理学特論Ⅰ・Ⅱ

川瀬 良美

 臨床実践を行うにあたり必要な発達・社会心理学領域の理論および技術について理解をすることを目的 とする発達・社会心理展開科目に位置づけられる。そのなかでも本講義は、臨床発達心理士資格取得のた めの指定科目となっており、臨床発達心理学の基礎理論および発達支援を必要としている人々について理解し、臨床発達心理学における対象理解の方法について習得することを目的とする。 さまざまな発達の問題・障害を抱えた人々の状態を的確に理解するために臨床発達心理学の基礎理論、対象となる人々、そして対象理解の方法について学びます。

臨床発達障害児実習Ⅰ・Ⅱ

池畑 美恵子・川瀬 良美・金丸 智美・冨澤 佳代子

本実習は、臨床発達心理学領域における支援技術について学び、臨床発達心理士に関わる実践的な技能を習得することを目的とする臨床発達心理専門職実習科目に位置づけられる。そのなかでも本実習は、知的障害児や自閉症児、LD児やAD/HD児等の発達障害児の発達アセスメントならびに発達支援にかかわる臨床的技能の習得を目的とする。また、そのための基礎として、健常発達を理解するために保育園において乳幼児の観察実習ならびに発達診断実習を含む(淑徳大学発達臨床研究センターにおける大学院生のための発達臨床実習で、発達臨床研究センターが30年かけて開発してきた重度の障害児から軽度発達障害児に対する感覚と運動の高次化アプローチの発達支援場面に参加し、年間を通じて一人以上の子どもを担当していく)。

臨床心理学特論Ⅰ / 臨床心理学特論Ⅱ

中坪 太久郎 / 千葉浩彦

 臨床心理実践を行うにあたり習得しておくべき理論、技術等について、介入スキルを中心に理解をすることを目的とする臨床心理展開科目に位置づけられる。 そのなかでも本特論Ⅰでは、臨床心理士として身につけておくべき基本的な考え方、主に援助者としての自身の動機や倫理的な配慮等について理解することを、本特論Ⅱでは、臨床心理学の学問的位置づけ、現代日本の臨床心理職の職域別課題を理解し、臨床心理専門職の倫理的判断のあり方の習得を目的とする。 はじめに臨床心理士を目指す動機について考え、それを受けて、大学院でどのように学んでいくのか、外部実習やスーパービジョンの意義も含めて考えていく。その後、臨床心理士としての活動を行っていくことの困難や、専門職としての責任についても検討を行ない心理臨床の実践において基本となる知識と技能を習得する。 また、本特論Ⅱでは臨床心理学の歴史と現在の課題について、主として次の3つの側面を中心として学習をすすめる。 A.世界と日本の臨床心理学および臨床心理専門職制度の歴史と現在の課題 B.臨床心理専門職の倫理と臨床心理専門職としての成長課題 C.地元を中心とする日本の心理臨床の職域別の現状と課題

臨床心理査定演習Ⅰ / 臨床心理査定演習Ⅱ 

中坪 太久郎 / 大橋靖史

本演習Ⅰでは、心理臨床場面におけるアセスメントの全体像について学ぶ。まずはアセスメントの意義や目的など、アセスメントの概略について演習を行う。それを受けて、質問紙法、投影法、神経心理学的検査、構造化面接など、実際の臨床場面で使用されることが多い個別の検査について、その成り立ち、概要、実施の手順、レポートの作成方法について検討を行う。 本演習Ⅱでは、思春期から老年期にわたる成人心理臨床における心理査定の基本的なスキル習得を目的とする。思春期から老年期にわたる成人心理臨床における心理査定について、個別知能検査と質問紙検査を中心に学んでいく。まず成人の個別知能検査であるWAIS-Ⅲと質問紙による代表的な人格検査であるMMPIの施行方法および採点・解釈の基本について習得することを目標とする。更に、これらの検査を中心に適切なテスト・バッテリーを組み、複数の検査結果から、統合された人格像や疾病像を浮かび上がらせる基本的な技術の習得を目標とする。

臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱ/臨床心理実習

千葉 浩彦・中坪 太久郎・久保田 美法・前田 昭子
小川 恵・千葉 浩彦・中坪 太久郎・久保田 美法・金丸 智美・前田 昭子

 臨床心理領域における具体的事例への見立て、対応方法について学び、臨床心理士に関わる実践的技能を習得することを目的とする臨床心理専門職実習科目に位置づけられる。 そのなかでも基礎実習Ⅰでは、臨床心理面接の構造設定、共感的態度、アセスメント面接、基礎的な介入スキルを学び、センタースタッフとしての基本業務を習得し、臨床家としてのアイデンティティの基礎を醸成することを目的とする。 基礎実習Ⅱでは、心理臨床の基礎としての具体的スキルを習得することを目的とし、臨床心理面接の構造設定、基礎的な介入スキルを学び、心理臨床センタースタッフとしての基本業務を習得し、臨床家としてのアイデンティティの基礎を醸成する。 臨床心理実習は、淑徳大学心理臨床センターにおいて行い、相談受理報告に参加し、担当となった複数の事例に対して、臨床心理相談および臨床心理査定を継続的に行う。そしてその事例について継続的に個別スーパービジョンを受けるとともに、実習生全員が参加するグループスーパービジョン/ケースカンファレンスに事例を提出し、臨床心理実践の基本を身につけていくことを目的とする。 淑徳大学心理臨床センターにおいて実習を行う。相談受理報告に参加し、担当となった複数の事例に対して、臨床心理相談および臨床心理査定を継続的に行う。そしてその事例について継続的に個別スーパービジョンを受けるとともに、実習生全員が参加するグループスーパービジョン/ケースカンファレンスに事例を提出し、臨床心理実践の基本を身につけていく。 さらに、年間を通して、心理臨床センターの主催する相談会や研修、講座などの各種地域支援事業に参加し、交互にスタッフとなり計画・準備や当日の運営実行、事後の報告書作成などを分担して、地域における臨床活動の実務に携わる。なお、学外の契約臨床施設において、実際の事例に関わることも含んだ配属実習(児童臨床領域では児童養護施設、教育臨床領域では中学校、精神科領域では精神科病院および老人のデイケア施設等)を行う。

心理学研究指導演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

大橋 靖史・小川 恵・神 信人・田中 一彦・千葉 浩彦
金丸 智美・中坪 太久郎・久保田 美法

修士論文 修士論文

 学生は、各自の研究や授業科目の履修を含め、「教育・研究計画書」を作成し、主(・副)指導教員の研究指導を受け、研究実施に、必要な「研究倫理審査」や調査・研究、学会発表を含む学術論文の投稿・学位論文の作成をすすめ、各学期にその中間報告・「研究成果等」の報告を発表する。 演習形式で研究実施の手法について学び、修士論文の作成を行う。学生は自発的に各自の論文テーマを定め、研究目的に沿った研究計画を立て、それに基づき研究活動を進めることが基本である。そのために、本演習においては、個別的またはグループでの継続した指導を受けることによって、個々の学生の探究を深める。本演習では特にテーマやタイトルの絞り込みにについて指導を受ける。論文に取り組む動機と、テーマ設定の理由を明確化し、研究テーマやタイトルを絞り込むこと。個別発表、中間報告会等におけるプレゼンテーションの機会を活用して、研究の視点を広げ、考察を深める作業を行うこと。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる