東洋史ゼミ(担当:村松)では2018年8月に中国で夏合宿をおこないました。春秋戦国時代の函谷関、秦の咸陽、始皇帝陵と兵馬俑、漢の劉邦や武帝の墓、三国志の諸葛亮の最期の地の五丈原、西安南の仏教寺院、西安市内の城壁や碑林、そして、黄河を見てきました。

中国文化の源流・黄河を見る!!三門峡ダム

8月26日、北京から高速鉄道に乗って河南省三門峡市へ。黄河の川幅が狭くなったところにダムが築かれた。ここは2000年前の漢代以来、水上交通の難所であった。黄河に飲み込まれそうになりました。生きててよかった!!(村松)

 三門峡ダムで黄河を見た

秦の東の重要拠点 函谷関
ゼミ長の方波見海です。8月26日には函谷関に行った。私の研究テーマは春秋戦国時代で函谷関は秦の国門であるため楽しみであった。着いたらまず大きな老子の像があった。金色に輝く老子。なんとなくだがとても中国らしいなと感じた。次に、いよいよ函谷関を見に行く。函谷関がある場所までキャリーで移動した。着いたら早速函谷関を見てやはり小さいなと感じ。当時の秦の時の半分くらいなので小さいと感じだ。観光用に作られたためしょうがないなーと思いながらも写真を撮り函谷関に登った。登った後の景色は周りは山ばかりで確かに守るには最適であるなーと周りを見れば高速道路があり、文明に負けたなと皆で笑った。
函谷関

秦の始皇帝が暮らした都 咸陽宮
方波見です。8月29日には咸陽宮に行きました。咸陽宮はとても楽しみにしていた一つであり、最初に中国を統一した国の遺跡のためそれは設備が充実しているだろうと思ったら、着いた入り口には人がおらず何回も声をかけたらやっと出てきて、入場料が無料だった。咸陽宮行くまでの道のりはまったく整備されておらず草はボーボーで観光客は私達しかおらずなんかとても残念でした。石碑とかも草とかで埋もれているものもありあまり詳しい説明もなかった。先生は10年前には行った時あるらしいその時より廃っているとおしゃっていた。咸陽宮を登り周りには多くの墓と思われるちょっとした山がありなかなか地図とかで見てもわからないものを見ることができて感動した。だがもう少し整備などして欲しかった。なんたって中国を初めて統一した国の首都に当たる場所なのだから。。。
 咸陽宮 見てわかる通り草はボーボー 私はショックな顔をしている。

漢王朝の皇帝陵をめぐる-劉邦・武帝
8月29日には漢の皇帝陵もめぐりました。長陵では墳丘の上にも登りました。現地にいかないとそのような経験はできません。陵の上からは秦の咸陽、漢の長安がよく見えたことがわかります。
 漢の最盛期・武帝の茂陵


諸葛孔明、最期の地 五丈原を訪れる
皆様こんにちは!歴史学科3年の堀川南海です。8/29日に訪ねた五丈原(諸葛亮廟博物館)を取り上げたいと思います。五丈原とは、諸葛亮率いる蜀軍と、司馬懿率いる魏軍が対決し、その最中、諸葛亮が亡くなった地として有名です。初めに驚いたのは入り口から道路までしっかり整備されていた、ということです。十数年前は荒れていた、と聞いていたのですが・・・諸葛亮の人気の高さと偉大さに敬服です・・・内部には諸葛亮が主君である劉禅に奉ったとされる「出師表」を代表に、諸葛亮と共に劉禅を支えた武官と文官の武将像や諸葛亮衣冠塚といった、三国志が好きならだれでも興奮するような展示物が沢山ありました。私自身、諸葛亮について、より深く知る事ができました。そして、諸葛亮像と対面!威風堂々という言葉はこれを指すのか、と身をもって感じました。諸葛亮の左右にも武将像が置かれていて、素晴らしいと感じました。五丈原からの帰りには「岐山麺」を昼食で頂きました。酸っぱくて若干辛い、という日本ではあまり見ない味付けであり、とても美味しかったです。今回、五丈原以外にも様々な場所を巡り、その都度素敵な体験が出来ました。
これらの体験を後々の活動に活かしていきたいと思います。先生方や仲間たちに感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!

 諸葛孔明!! 

始皇帝の地下軍団 兵馬俑
 8月28日、西安駅から路線バスに乗り、秦の始皇帝陵と兵馬俑博物館を訪れる。兵馬俑博物館の1号坑の大きさには驚かされた。やはり、天下を統一した「皇帝」である。始皇帝陵周辺の発掘調査をしている研究員の張衛星さんに案内していただいた。

兵馬俑一号坑

始皇帝陵 集合写真
千年間、西安を見てきた唐代の仏塔に行く
 古河晃貴です。今回、私は東洋史のゼミの一員として中国にまで訪問し、様々な場所を巡った。人生で初めて海外渡航をしたので右も左もわからず、言語まで通じないという環境のなかとても大変ではあったが、北京・天津・西安と中々行くことのできない場所へ行くことができ、自分の研究テーマの関係のある場所へ実際に行くことができたというのはとても得難い経験だった。本当に貴重な体験をさせていただいたと思っている。


大雁塔。玄奘三蔵法師が、天竺(今のインド)から持ち帰った経典・仏像の保存のため建立された塔。全7階にわたるこの塔を登ってみて、実際に玄奘三蔵法師がこの塔で作業をしたと思うと、とても感慨深かった。塔の内部には石碑や遺物も展示されており、とても勉強になった。
浄土宗・善導ゆかりの香積寺 
今回のゼミ活動で、改めて、実際に現地に赴いて調査することの大切さを知ることができた。また、興教寺と香積寺は唐の首都である長安の南の高地に位置していることも分かった。この経験を生かして、これからも自らの研究テーマについて更に理解を深め、調査出来たらと思う。


石碑の博物館 西安碑林
西安ではこのほか、石碑を集めた西安碑林という博物館や城壁、唐長安西市博物館などを見学しました。

 

秦の始皇帝の時代の石碑を千年前に復元した碑(嶧山刻石)をじっくり見る堀川君

8月30日寝台列車で西安から北京へ移動し、31日朝に北京から仁川経由で東京に帰国しました。本当に勉強になった1週間だったと思います。

北京前門

※夏合宿は8月26日~31日まで実施しました。なお、この合宿には学習院大学の学生・研究員も個人参加し、全員で7人の旅でした。


こんにちは!HEARTサークル2年の冨田佳奈です。

11月10日(土)、11月11日(日)に開催された板橋農業まつりに今年も参加させていただきました!

今年はサークル員が増えたこともあり、企画をバージョンアップ。「かんたん」と「むずかしい」に分かれた難易度別の台紙を子どもたちに自由に選んでもらい、会場内にいるピースを持った魔法使いたちを探してもらう、ピース集めを行いました。昨年のスタンプラリーの経験を生かしたものでしたが、初の試みで戸惑うこともありました。

HEARTサークルの活動の中で最も大きな活動なため、サークル員全員でより良いものを作り上げたい!と思い続けながら準備してきました。そして、サークル員の協力もあり、子どもたちに喜んで遊んでもらうことができました!

サークル員や来てくれた子どもたちにとって、この農業まつりが「楽しかった!」と思ってもらえていたら、私は嬉しいです。

皆さんこんにちは!

歴史学科1年の嶌田です。

 

11月2日に7号館で歴史学科の特別講演がありました。

この講演では、海外からパリ第7大学のリセ・ヤンコウスキ先生をお招きして講演をしていただきました。

講演の題名は「中国の泉友―清末の収蔵家」です。

リセ先生は中国語で講演してくださいました。

私たちは中国語が分からなかったので、我らが三宅先生が日本語に翻訳しながら説明してくださいました。

リセ先生は研究内容をPowerPointで丁寧に説明してくださいました。

講演には学部長の星野先生と東洋史の村松先生もいらっしゃいました。

中には東洋史概論を取っていない学生も講演を見に来ていました。

講演の最後には質問の時間を設けていただき、先生や学生が講演を聞いて疑問に思ったことを質問していました。

中には中国語を話せる学生がいて、中国語で質問をしていた学生もいました。

村松先生は日本語で質問した後に中国語で質問していました。

今回の講演で初めて海外の先生の研究内容を知ることができ、とても興味深かく思いました。

自分の卒業論文にも活かせるといいな、と思いました。

 

 

 

みなさんこんにちは!

歴史学科2年の高橋です。

9月23日に淑徳大学東京キャンパスのオープンキャンパスが開催され、私はスタッフとして参加しました。

夏の暑さが続く時期でしたが、多くの方がご来場くださいました。
この日に行われたイベントを見ていこうと思います。
はじめに、田中洋平先生による歴史学科の説明会が10時に4-2講義室で行われました。
歴史学科の特色を説明してくださいました。


11時からは同じ4-2講義室で体験授業が行われました。

今回の体験授業は、村松弘一教授による「『キングダム』の時代の歴史学―古代中国・秦の始皇帝が見た風景」でした。
『キングダム』を知っている方もいると思います。
秦がどのようにして国を統一していったのかというのがテーマでした。

中国古代史を学ぶ人はあまり多くないですが、わかりやすく説明してくださいました。

4-2の隣のフリースペースではゼミのポスターや体験授業のテーマに関係する展示品などが置かれている展示コーナーで、古代中国の展示をしていました。

中国史がテーマだったので、民族衣装を着て写真を撮る来場者の方もいました。

次の淑徳大学東京キャンパスのイベントは、11月24日・25日に行われる学園祭になります。

たくさんの団体が出展します。楽しいイベントが盛りだくさんですので、ぜひお越しください!

皆さんこんにちは!
歴史学科1年の小山です。

10月5日に歴史学科の1年生全員で川越へフィールドワークに行きました。
班に分かれてそれぞれ事前学習に決めたルートを通り、最終目的地である「川越市博物館」へ向かいます。

私たちの班は、川越八幡宮→蓮馨寺→時の鐘→川越城本丸御殿→川越市博物館のルートで行きました。

(蓮馨寺)

私が一番印象に残っているのは、時の鐘です。


(時の鐘)

時の鐘は、明治時代にあった川越大火で焼けてしまった後に、川越の人々が協力しあって、一番に建て直したそうです。
そのため、時の鐘は川越市のそして、川越市の人々のシンボルになっています。

当日は天候には恵まれませんでしたが、充実したフィールドワークになりました。

(川越市博物館前)

こんにちは!!歴史学科1年の鑓水です。

先日のクラスアワーで、川越フィールドワークに行ってきました!

フィールドワーク前半は、全部で15班に分かれ各班ごとに川越を回りました。

私たちの班は「喜多院」を中心に、お寺を巡りました。

歴史的視点を頭におきながらお寺を見ると、学ぶことも多く、とても楽しい時間を過ごすことができました。

フィールドワーク後は、各班それぞれが回ったルートについてまとめた「ポスター」を各班ごとに1枚作成しました。

このポスターには、自分たちが回ったポイントに関する紹介文と一緒に、実際に回ったルートを記した地図を載せることがルールなのですが、自分が実際に行った場所に興味を持ってもらうためには、どうやってその場所の魅力を伝えられるかと、それぞれ苦心しながらポスターを作成しました。

結果、同じテーマでも表現の仕方が異なる15枚のポスターができました!

ポスター完成後は1年生全員で鑑賞会!

ちなみにポスターには個性的な写真がたくさん貼ってありました!

 

鑑賞後は一番良いと思ったポスターへの投票を行いました。

どの班のポスターが優秀賞に選ばれるのか!?

投票結果がどうなるか、今から楽しみです!

 

遠藤ゼミ 大阪夏合宿

ゼミ合宿ブログ

 

みなさんこんにちは!歴史学科遠藤ゼミ所属の3年岩田といいます。

私たち遠藤ゼミは、8月9・10・11日に大阪・兵庫方面にゼミ合宿へ行ってきました。今回のブログではそのときの様子を報告します。

 

初日の9日は新大阪駅へ現地集合!…だったのですが、前日の台風の影響で若干の交通手段の乱れの影響を受けることに。先行きに不安を感じつつも無事に全員集合でき、私たちは初日の目的地へ向かいます。

遠藤ゼミというと中世史、中世史といえば遠藤ゼミと思われがちですが、今回の私たちは大阪の歴史に触れることを目的としていましたので時代にとらわれず様々なところへ行ってきました。

初日は住吉大社・大仙古墳・大阪の安倍晴明神社に向かいました。初日に向かった場所は古代中心の史跡です。

大仙古墳は、いわゆる「仁徳天皇陵」の名前で、みなさん一度は耳にしたことのある場所ではないでしょうか?空中写真で見る大仙古墳も大きいですが、実際に歩いてみるとどこまでもまっすぐな道が進むので全く進んでいる気がしませんでした。

 

2日目は姫路城・好古園に向かいました。

新大阪から電車で向かったのですが、姫路駅に降り立って真正面には姫路城が!昔の城下町の区画を残しつつも現代のまちづくりが進められていて歴史と科学技術の融合を感じました。

 

最終日は大阪市内中心に豊国神社・大阪城・三光神社・四天王寺へ向かいました。観光地でも有名な大阪城は夏休みということもあり、多くの観光客でにぎわっていました。姫路城とはまた異なる迫力に、わたしたちはその土地の歩んできた歴史や特性でここまで異なるのかと実感しました。

 

長いようで短かったゼミ合宿。実際に現地で歴史に触れることで、教室や机の上だけでは学べない多くのことを学べたのではないかと思います。このゼミ合宿で学んだことを、今後の学びや卒論に活かしていきたいと思います。

こんにちは。歴史学科3年の今井陽基です。私が所属している森田ゼミの3年生は2018年9月2日~9月4日まで沖縄でゼミ合宿をしました。

 1日目

森田ゼミの3年生は戦争を研究している人がいるため、沖縄に着いて最初にひめゆりの塔に行きました。ひめゆりの塔にはパネル展示だけでなく映像もあり実際に戦争を体験した人の話が流れていたので、戦争について改めて深く考えることができました。また、当時のとても悲惨な状況を見ることができ、いろいろなことを考えることができた時間でした。ひめゆりの塔では戦争のことだけでなく、建物の工夫を森田先生が学芸員的視点で教えてくださいました。学芸員資格を取っている学生が多いため、ひめゆりの塔だけでも学ぶことが多かったです。

 次に向かったのがアンディラガマです。地面が滑りやすくなっていたため途中までしか入れませんでしたが戦争の生々しさを肌で感じることができました。

ひめゆりやガマの他にも戦争の跡を感じられるものが沖縄の道路にありました!                        

初日から一所懸命に研究をしましたが、その後の夜ご飯は気持ちを切り替え森田ゼミ伝統のバーベキュー!!森田先生が焼いてくださったお肉は格別に美味しかったです!

2日目

2日目の早朝は、本格的な現地見学に先立ち、2グループに分かれてリフレッシュを行いました。買い物に行きたい人は買い物に行き、それ以外の人は目覚ましがてら朝の運動をしました。朝の運動は、ホテルについていたプールで体を気ためました!笑

午後は美ら海水族館、オリオンビール工場、古宇利島に行きました。学芸員課程を取っている学生は美ら海水族館でも展示方法や導線などに目を向けていました。


一見遊びに見えるオリオンビールにも行ったのも理由があります。ビールの製造工程や教育普及活動をどのように行っているのか、企業博物館の研究をしてきました。ホップの匂いを嗅ぐことができたり、ビールの製造過程を知ることができました。ホップの匂いは思ったより臭かったです!笑まさに体験型の博物館です。でも一番愉しかったのは。最後の試飲です。一番おいしそうに飲んでいたのは森田先生と横田君でした!!


古宇利島では集合写真を撮りました。古宇利島には、沖縄版国生み神話が残されているそうです。

この日の夜は沖縄料理が食べられる居酒屋に行きました。食文化について研究している学生もいるので、食事の時もみんなで研究です。僕はラフテーを初めて食べましたがとても美味しかったです。先生は泡盛の研究をしていました!笑

3日目

3日目は最初に首里城に行きました。幸運なことに3日間とも天気に恵まれてとても暑かったです。暑すぎて先生も思わずこの表情・・・

首里城でも集合写真を撮りました。

首里城は現在漆の塗替え工事をしていましたが、見学はちゃんとできました。

 

最後に国際通りで買い物などをして、那覇空港に向かいました。

3日間という短い期間でしたが、とても良い勉強になりました。

また、とても楽しいゼミ合宿になりました。

自分たちの計画を尊重し、研究させてくださった森田先生ありがとうございました。

 

こんにちは、歴史学科2年の吉岡日陽子です。

先日、板橋区の「親子農業体験 じゃがいも掘り」に参加して来ました!

この活動には毎年、農業体験サークルのメンバーで参加させていただいており、今年は1年生4名、2年生2名が参加しました。

朝は7時半に集合し、板橋区赤塚支所に移動(遠方から来た学生は大変そうでした、苦笑)。

移動後は、職員の方から活動について説明をしていただきました。

9時頃になると、じゃがいも掘りに参加するご家族が続々と会場にいらっしゃいました!

私自身、じゃがいも掘りは初めてではありませんでしたが、小さなお子さんに説明するのは不安もあり、ドキドキしてしまいました。

今回のじゃがいも掘りは、昨年度の農業まつりに続いて私にとって2回目の参加となりました。

この体験を通して、私はたくさんの板橋区に住むご家族、区役所の方と出会うことができ、板橋区の行政について考える貴重な機会が得られています。

そのため、ぜひ今年の農業まつりにも参加し、地域活動を通して大学のある板橋区に貢献していきたいです!

「二度目の影アナウンスで学んだこと」

人文学部表現学科3年

大津安由子

 9月9日(日)、板橋区立文化会館にて「新進音楽家フレッシュコンサート」が行われました。
そして今年も白寄ゼミから2名が影アナウンスとして参加させていただきました。

 このコンサートは、板橋区が主催する「クラシック音楽オーディション」で見事合格した新人音楽家が出演する
もので、私たちは会場アナウンスや曲目のアナウンスを担当しました。

 

 

 普段クラシックに触れる機会が少ない私たちにとって、作曲家の名前や聞き慣れない曲目を読むことは難しく、
噛んでしまわないか心配でした。
また、曲目のイントネーションやアクセントに関しても不安要素があったため、担当の方に訊きながら本番まで
何度も練習を重ねました。
迎えた本番、練習の甲斐もあって2人とも一度も噛むことなく無事に読み終えることができ、ホッとしました。



 私は8月の「ふれあいステージ」の影アナウンスにも参加したのですが、今回はその時の賑やかな雰囲気とは違い、
静かで独特の緊張感がありました。
影アナウンスは正確な読みを通して皆さんに正しい情報を伝えるだけでなく、会場の雰囲気を作る重要な役割を
担っていると思います。
そのため、場に応じて声のトーンを少し変えるなどその場に合わせた読みを心がけようと思いました。
これは一度の経験では得られなかった気づきなので、この学びをぜひ今後の機会に生かしていきたいです。