2015年2月アーカイブ

志村城をあるく

大学では後期試験も終わり、春休みになりました。

そこで、有志で大学近くの志村城へ行きました。

 

戦国時代の志村城は、千葉氏の居城であった、もしくは篠田氏の居城であったとも伝わっています。

大学から歩くと、城が舌状台地上にあることがよくわかります。

今は暗渠となっている出井川を越えて、城跡に到着。

  ←志村城址の石碑があります。

 

志村城は、二郭もしくは三郭で構成されるといわれます。

二の郭には、江戸時代の絵馬などを伝える熊野神社があります。

←まずは、お参りしたい人はお参り。

 

神社の左側、主郭との境には、堀跡と土塁を確認できます。

←空堀。左手に土塁があります。

 

志村城から5分ほど歩いたところに延命寺があります。

←延命寺の解説が書かれた案内板を読んでいます。

 

延命寺は、大永4年(1524)、北条氏との戦いで戦死した息子のために、見次権兵衛が創建したという寺院です。

中世の板碑や五輪塔が見られます。

←五輪塔。

 

参加した学生は、「自分の足で歩くことで、距離感や坂の多さを実感することができた」との感想を寄せてくれました。