学生2人が『キャンパスコレクション』でモデルに!!

皆さん「キャンパスコレクション」というものをご存じでしょうか?パリコレ、○○というブランドのコレクション同様、「キャンパスコレクション」とはキャンパスのコレクション、つまり学生たちが団体を結成し学生モデルを募集し、いくつかのブランドや企業さんの支援のもと開かれるファッションイベントです。そんなイベントが今年も東京、大阪、福岡、仙台、そして、なんと台湾でも開催されるそうです!

たかが学生団体が行うイベントなんて・・・などと思いませんでしたか?実は、私もそう思っていました。しかし、同じ淑徳大学人文学部表現学科3年の山崎霞穂さん、2年の長谷川泰我さんが、オーディションに合格しモデルとして出場すると聞いたので、出かけて行きました。

正直言うと行くのを迷いましたが、本当に行って良かったです。その理由は大きく2つです。
1つ目は、やはり知り合いが立つステージ。私が普段大学で話している2人がステージでランウェイを歩いているなんて!!これはお金には代えられない感動があります。そして、この感動から、「同じ学生として、自分もなにかに挑戦してみたい!!」と不思議なパワーが生まれてきました。大きな刺激でした。

2つ目は、スキルの高さに衝撃を受けたこと。モデルとして出た山崎さんが昨年は映像を制作していたことを思い出し、今年の映像も大学生が制作しているはずだと注目していました。そして、その映像を見て、驚きました。私たちと同じ大学生が作ったとは思えない、プロ顔負けのクオリティの映像でした。また、多くの学生がイベントスタッフ
として、ホスピタリティーあふれる対応をしていました。もちろん、モデルの皆さんが颯爽と歩く姿も、格好良かったです。モデルにも、映像制作にも、イベントスタッフにも、アルバイト代が支払われるわけでもないのに・・・彼らのモチベーションの高さに圧倒されました。

以上の2点に私は感動したと同時に、悔しさと自分の情けなさを痛感しました。そして、自身も、大学生活の中でよりさまざまなことに挑戦したいという気持ちになりました。負けていられません!

皆さんも、このような「場」で、ぜひ仲間を、また、会場で必死に何かに打ち込んでいる学生を応援してあげてください。一歩外に出てみれば、まだ、あなたの知らない世界が広がっていますよ!

表現学科3年 板橋 大海