「卒業研究発表会」が行われました。

2019122日には「卒業研究発表会」が行われました。

「卒業研究発表会」では、4年生の各ゼミ代表5名による卒業研究のプレゼンテーションが行われ、表現学科34年生がそれぞれの研究発表に聞入りました。

●「日米漫画の比較から見る日本の漫画の魅力」
●「コンサートチケットの個人間取引における諸問題とファン心理」
●「意図せずに起きるSNSの炎上」の研究結果の発表、
●  創作「現代版伊勢物語CDドラマ」
●「日本の若者が韓国に憧れる理由」
など、表現学という新しい分野での4年間の集大成となる卒業研究発表会となりました。卒業生全員の卒業研究のテーマが配布され、お互いの研究内容について会話が弾んだようです。また、次年度に向けて3年生にとっては、大きな刺激となりました。