歴史学科 平成31年(2019)度新入生セミナー

みなさんこんにちは!歴史学科3年の柴山敢太です!

4月5日から6日にかけて平成31年(2019)度新入生セミナーが行われました。新入生セミナーは、入学して間もない1年生が学生同士、また先生方との親睦を深め、淑徳大学のことをより知ってもらうために毎年行われています。
私は去年に引き続きピア・カウンセラー(通称ピアカン)として参加しました。
今年は箱根を訪れました。
おおまかではありますが、この2日間のセミナーの流れをお話ししたいと思います!

1日目の朝、桜が満開の東京駅にて集合し、バスに乗り込みました。
この時の1年生にはまだ緊張しているような表情が見受けられました。
なんだか私も1年生の頃の新入生セミナーを思い出しました(笑)。

約1時間バスで移動し、最初の休憩地点である海老名サービスエリアにて昼食の購入、トイレ休憩をとりました。
そこからさらに1時間程度バスで移動し、宿泊地である「ホテルおかだ」に到着しました。

ホテルに到着すると、開講式、そして宗教行事である花まつりが行われました。
この時に、建学の精神や、ボランティアセンター、図書館、アドミッションスタッフなどについての説明も行われました。
これで少しは淑徳大学のことを知ることができたかな?と思います。

クラスごとビュッフェ形式のおいしい夕食をとった後は、学科ミーティングが行われました。
ここでは我々ピアカンが考えたレクリエーションを行いました。
歴史学科はイントロクイズと偉人当てクイズを行い、表現学科は仲間あてゲームを行いました。

私は歴史学科なので、歴史学科のレクリエーションについてお話ししましょう!
レクリエーションでは、1年生が6人1組のチームになり、チーム対抗戦で競い合いました。
イントロクイズでは歴史学科の教員で構成された先生チームにも参加していただきました!

どのチームも先生方に負けてたまるかと本気で戦っていました。
偉人当てゲームはチームの代表者1名が偉人の写真を見て、その偉人について名前を言わず見た目やヒントなどだけで答えを導くゲームです。
それぞれのチームでいろいろな方法でヒントを出していて面白かったです。

2日目、朝食をとりチェックアウトを済ませた後、学部レクが行われました。
これは表現学科歴史学科合同で行うレクリエーションです。

レクリエーションではドンじゃんけんを行いました。新入生の名札の裏にあらかじめ書かれた番号の数字ごとにチームになり、その番号の奇数を西軍、偶数と東軍として対決しました。
さまざまな名試合がありましたが結果は・・・31対33!!!東軍が接戦を制し勝利しました!優勝した東軍には景品が贈呈されました。

レクリエーションが終わるとバスで最後の休憩地点である海老名サービスエリアで昼食の購入、トイレ休憩、お土産の購入をしました。
その後、八景島シーパラダイスでクラスごと記念撮影をしました。記念撮影が終わると約3時間自由に見学しました。
楽しかった八景島シーパラダイスを離れ、解散地点である池袋東京芸術劇場前に移動し、解散となりました。

この2日間のセミナーが1年生にとって大学生活の1つの楽しい思い出になったのであればうれしく思います!!
これから大学生活が始まります!もし困ったことがあれば先生方、先輩たちに遠慮なく相談してください!!一緒に大学生活を楽しみましょう!!!