総合福祉学部

実践心理学科

ここが特徴!

1.社会のニーズに応える、実践的な心理学を学ぶ!

"共生"の社会で必要とされている、心理学や人間科学についての基本的な知識を学びます。それだけでなく、学んだ知識を社会で実践的に用いる能力を身につけられる点が、実践心理学科の特徴です。

2.科学と論理で心を理解する方法を学ぶ!

実践心理学科では、実習・演習の機会をとても大切にしています。また、研究科目も充実しているので、これらの機会を通して様々な事例に触れ、人間の心を科学的・論理的に理解する研究方法を学ぶことができます。

3.様々な職場で活躍するための知識と技術を学ぶ!

医療、学校、福祉、企業など、実践的な心理学が必要な場面はたくさんあります。
実践心理学科では、このような様々な場面で活躍できる心のプロフェッショナルの育成を目指して、充実したプログラムを用意しています。

人の心を理解できる、"心のプロフェッショナル"を目指す

実践心理学科 実践心理学科では、人の心を科学的に理解する心理学について学びます。
心理学面からのサポートはもちろん、それを社会において実践的に活かしていく力を養い、多面的な知識と技術を身につけて、本当の意味での"心のプロフェッショナル"を目指しましょう。

目指せる資格

実践心理学科では、次のような資格を取得することができます。

認定心理士/福祉心理士受験資格/児童指導員(任用資格) など

卒業後の進路

実践心理学科の学生の進路は、次のようになっています。

  • 臨床心理士・臨床発達心理士(大学院進学後)
  • 病院等の心理職・事務職
  • 精神保健福祉センター
  • スクールカウンセラー
  • 児童相談所
  • 家庭裁判所調査官
  • 女性センター
  • 高齢者施設
  • 法務省保護観察所
  • 少年鑑別所
  • 警察の少年センター
  • 民間企業 など
閉じる