総合福祉学部

社会福祉学科

ここが特徴!

1.「福祉」のカタチを提案できるヒトになれる!

様々な職業やライフスタイルの人がいる現代社会では、個々に抱える問題も様々です。
周りの人のライフスタイルや課題にあった"福祉"は何か?
社会福祉学科では、それを考え、それを実現するために自ら行動することができる人材を育てます。

2.現場で役立つ「実践力」を持ったヒトになれる!

淑徳大学の総合福祉学部社会福祉学科では、1年次から学外実習の機会を設けています。
学生時代から現場で実践的な技術や知識を身につけられるので、将来的に、福祉の現場へ出る時も安心です。

3.社会福祉士や精神保健福祉士になれる!

社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験合格を目指す学生のために、1年次から受験対策を行っています。
4年間でじっくりと学習する体制を整えているので、毎年、高い合格実績を誇っています。

目指すのは、"考動するソーシャルワーカー"

社会福祉学科 社会福祉学科では、子どもや障がい者、高齢者など、地域で生活している様々な人々のくらしを支援する人材を育てます。
幅広い視野、専門的な知識や技術、人々の意見や思いを聞く力を磨くことで、将来、福祉施設や福祉事務所、児童相談所、各種教育機関などで働く、ソーシャルワーカーを目指しましょう。

目指せる資格

社会福祉学科では、次のような資格を取得することができます。

社会福祉士国家試験受験資格/精神保健福祉士国家試験受験資格/スクールソーシャルワーカー/社会福祉主事(任用資格)/児童指導員(任用資格) /知的障害者福祉司(任用資格) /中学校教諭一種免許状(社会)/高等学校教諭一種免許状(公民) /特別支援学校教諭一種免許状(※他学科の科目履修が必要) など

卒業後の進路

社会福祉学科の学生の進路は、次のようになっています。

  • 福祉施設
  • 福祉事務所
  • 児童相談所
  • 教育機関
  • 病院
  • 公務員
  • 民間企業 など
閉じる