在学生インタビュー

千葉第ニキャンパス

看護師になってから求められる
知識や技術を深く学べるのも
"福祉の淑徳"ならでは

この大学を選んだ理由

理想とする看護師になるために

淑徳大学でしっかりと学べば、自分が思い描く理想の看護師になれると思ったからです。看護師の仕事に興味を持ったのは、小学生の頃から看護師の母に勧められて。ですが、中学生になった頃から、本当に看護師になりたいのか、母の言葉に流されているだけなのか悩んでいました。そんな時に病院に職場体験に行く機会があり、感覚的に看護師になりたいという実感が生まれました。看護師になるのなら専門学校という選択肢もありますが、保健師も取得したかったことと、国家資格のための勉強だけでなく研究もできることに魅力を感じ4年制大学を選択しました。マニュアル通りの仕事しかできない看護師にはなりたくないので、4年間しっかりと学んで、自分なりの看護についての考えを固めていきたいです。

学生の人柄の良さは地元でも評判

この大学を選んだもうひとつの理由は、地元ということもあって、子どもの頃からずっと淑徳大学の良い評判を聞いてきたからです。母からも、淑徳大学の話をよく聞いています。看護学科の実習先の病院から母が勤めるクリニックに転院する患者さんが口を揃えて「淑徳大学の学生は優しくていい人ばかりだ」と話しているそうです。
今も先輩の良い評判を聞く度に「私も頑張ろう」と思います。もともと国公立大学を受験するつもりだったので進学先決定は本当に迷いましたが、大学と実習病院が近かったり、キャンパスの雰囲気が明るかったり、他にはない魅力がたくさんあると思い、淑徳大学に進学することに決めました。

将来目指している夢

地域に貢献できる保健師に

将来的には、看護師としてはもちろん、保健師としても地域に貢献できるようになりたいです。看護師の国家資格を取得しなければ保健師にはなれないので、当然勉強を頑張らなければなりません。両方の資格を取得できるよう、1年生のうちから普段の授業を大切にしています。

読者へのメッセージ

自分に合った大学選びを

大切なのは、大学に入って何を学びたいのかだと思います。「どこの看護大学に入っても、看護師の資格を取るというゴールは同じ」と言う人もいますが、決してそのようなことはないと思います。大学にはそれぞれ建学の精神があります。自分が目指す看護師像をすでに持っている人は、自分にぴったりの大学が見つかるはずです。まだどんな看護師になりたいのか分からない人は、看護体験や病院見学に行ってみてはいかがでしょうか。この大学では「福祉の淑徳」ならではの看護が学べます。私も卒業後に自信を持って「淑徳ならではの看護師」として地域に貢献していけるように学んでいきたいと思います。


先輩が選ぶ、キャンパスベスト5

先生との距離が近い

落ち込んでいる時に声を掛けてくれたり、親身になって教えてくれたり、本当に良い先生ばかりです。看護技術を習得する「生活行動援助論」の授業は8名の学生に1名の先生がつくので、先生との距離も近く、とても分かりやすいです。

大学と実習病院が近い

実習中、わからないことがあっても、大学に帰り、図書館ですぐ調べることができます。問題解決してから患者さんに対応できるので安心です。

キャンパスがきれい

白を基調にした明るくてきれいなキャンパスなので、学習意欲も高まります。気持ちの面でもゆとりが生まれると思います。

今年できたばかりの学食

第2キャンパスの学食は今年できたばかりだからとってもキレイ。スタッフも優しくて楽しい方ばかりです。

福祉について深く学べる

淑徳大学で必修の「共生論」などは、他の大学にはない科目。人として大事なことも学べます。看護学科の必修科目の「人間関係学」では、看護師とはどうあるべきかについても深く学ぶことができます。

閉じる