第1回 医療的ケア児等とご家族への支援!!

10月29日(日)、看護栄養学部では、龍澤祭に合わせたミニオープンキャンパスと同時に地域貢献の一環として医療的ケア児等とそのご家族への支援を目的としたクッキングスクール「Wellzap」が開催されました。

お母様は、調理実習室で秋の香りが漂う「栗ごはん」「鳥つくね」「けんちん汁」を管理栄養士、教員、看護学科の卒業生と共に楽しくクッキング。 その間、子ども達はきょうだい児と一緒に、学生ボランティアと「学内探検」や「シャボン玉遊び」、「バランスボール遊び」で大はしゃぎ。

クッキングスクール「Wellzap」調理例

クッキングスクール「Wellzap」遊び風景

実は、この企画は千葉市にある一般社団法人ソーシャルサポートアソシエーション・ツールさんが主催しています。この施設の代表者は淑徳大学千葉キャンパスの大学院・総合福祉研究科の卒業生です!!
「春にはお花見、夏は夏祭りにプールもいいね。」なんて、これからも、たくさんの企画をしていこうと語り合いました。

もう一つ、嬉しいことがありました。今は看護師として働く本学看護学科卒業生のナースマンも参加してくれました。
企画をした教員としては、医療的ケア児とそのご家族と触れ合え、たくさんの笑顔をいただけたことはもちろんのこと、このような企画が立ち上がった時、真っ先に手を挙げて「一緒にやりましょう」と言ってくれた千葉キャンパスの卒業生がいたこと、そして、看護学科の学生ボランティアや看護師として働く卒業生もすぐに駆けつけてくれたこと・・・嬉しいことづくめでした。

みんなの笑顔と、ハイ・ポーズ!!
クッキングスクール「Wellzap」集合写真

これからも、福祉に強い「淑徳大学 看護栄養学部」一生懸命頑張ります♪

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30