ナースウェアのデザインが新しくなりました

開学から早11年・・・

1期生だった卒業生も、いまでは立派な中堅ナース。

実習に行くと頼もしく学生に指導をしてくれるようになりました。

 

そんな卒業生からは

「自分たちが着た白衣がなくなってしまうのは、とてもさみしい」と惜しむ声が多かった旧デザインの白衣。

数年前の基礎看護実習Ⅰでの場面です。

 

 

それでも、私たちは本学50周年記念のキャッチフレーズにもあった
「かわらないもの。かわってゆくこと。」
このコンセプトを大切に新しい一歩を踏み出しました。

機能性とデザインを重視したナースウェア
エンジ色とブルーの2色、大学の公式キャラクターである「SHUKUTO KUMA」が
腕の部分に入っているものと入っていないもの・・・全部で4種類あります。 

今日は、ナースウェアを着用して「看護学入門」を受講します。
新しいナースウェアに身を包んだ学生さん
身だしなみも整えて、身が引き締まる思いです。

初めてのナースウェアに身を包んで、緊張した面持ちです! 

もう一組、廊下で声をかけてみました。



後姿



 

「憧れだった看護師さんに一歩近づいた感じがします」 

「ちょっとドキドキします」いろいろな声が聞かれました。

着心地はとても良いようです。

 

 

かわいい「SHUKUTO KUMA」のロゴ入りナースウェア。
「SHUKUTO KUMA」もみんなを応援してくれているようです。

頑張れ。未来のナース。
学生さんの一人一人が、理想の看護師像に近づけるように
教職員一同、いつも応援しています。


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30