ファッションブランドの実地調査を実施しました

5月8日(水)、経営学科の企業経営研究II(ファッションコース、担当教員:葉山彩蘭)において、

ファッションブランドに関する実地調査活動の一環として、

履修学生12名と教員1名、計13名でららぽーと富士見店へ出かけました。

 

ららぽーと富士見店にてファッションブランド店舗を視察しました


ファッションブランドの店舗運営およびファッション業界の新動向について、比較調査の視点から視察しました。

 

12名の履修生が5グループに分かれ、各5つのブランドを調査しました。


もちろん、私達の協力企業のブランド店舗CECIL McBEEも視察しました。


経営学科では、自ら学び、考え、行動する経営人材を育成しています。

今回の実地調査の結果を踏まえて、学生達は今後の授業でのグループワークを通して、

連携企業に対して具体的な提案を出していく予定です。

 

 

また、5月29日には、協力企業(株)ジャパンイマジネーションの本社(代々木)を訪問することになっています。

秋冬のファッショントレンドを知ることができると聞き、楽しみにしています。




4月22日(月)、経営学部正課科目「観光経営研究Ⅱ」の一環として、「アニバーサリーアン恵比寿」を訪問しました。同社は、右肩上がりに急成長中で、非上場自力単独経営としては稀有な存在の企業として、ウェディング業界で注目を集めています。この継続的な増収はいったいどんな経営からきているのか、全員興味津々で見学してきました。

 

エントランスにはウェルカムボード。

 

 

シャンデリアや暖炉などゲストハウスならではのゴージャスなインテリア。

 

 

ウェイティングルームで企業説明をして頂きました。

 

 

螺旋階段を上って二階に上がると、豪華なブライズルームや控え室がありました。