観光経営学科2年朝倉ゼミ 山梨県笛吹市を視察

観光経営学科の朝倉ゼミは「観光地のマーケティング」をテーマとし、

セメスターごとに観光地視察を行っています。

 

2年ゼミは、11月25~26日にかけて、山梨県笛吹市を訪れ、

山梨県立博物館やワイナリー等を視察しました。

今回の視察では、「見る」ことに加え、「体験」も加えました。

 

笛吹市は果物(桃、ぶどう等)の生産地としても有名で、

「果物狩り」ができる果樹園もたくさんあります。

あいにく11月下旬は果物狩りシーズンではありませんでしたが、

「モンデ酒造」というワイナリーを訪れ、工場見学と試飲を行いました。

缶入りワインの発売も手掛ける「モンデ酒造」

 

また、笛吹市には山梨県を代表する銘菓「桔梗信玄餅」で有名な「桔梗屋」の工場があり、今回はその工場視察と、「信玄餅包装体験」を行いました。

工場見学では職員の皆さんが簡単そうに、手早く包む様子を見ましたが、

自分たちでやってみると、思いのほか難しいことがわかりました。

こうした「体験」プログラムは、「コト消費」という旅行目的として、

今後さらに注目をあびると考えられます。

今回の体験は、手軽な料金で誰でもできることから、インバウンド観光客にも

人気がでるかもしれません。