2013年11月アーカイブ

 観光経営研究 第3回目の特別講義が11月6日 「航空運送ビジネスの現状について」をテーマに行われました。 日本航空(JAL)で、海外勤務のご経験もあり、現在は事業戦略を担当されている若松務様にお越しいただきました。

 世界的潮流であるオープンスカイに対する事業戦略としてのグローバル・アライアンスとその具体策や、格安航空会社(LCC)の特徴とその対応策など、航空業界の現状と課題について、大変興味深く分かりやすい貴重なお話を伺うことができました。 

 JAL 若松様の講義

 

 熱心に質問する学生

 

 

 世界規模でビジネスを展開する日本航空です。 講義の最後に若松さんから、私たちへのアドバイスがありました。「これから、ますます英語が必要不可欠になります。今のうちから語学の習熟に努めてくだい。」とのメッセージをいただきました。この言葉に胸に、これから英語学習に力を入れようとの想いを新たにした今回の講義でした。