2014年9月アーカイブ

 成田国際空港は海外から日本へ到着する旅客、あるいは国内から海外へ出発する旅客が、年間3千万人利用する国際交流の拠点であり、観光立国政策にとって欠かせない施設です。 当日は夏休みにもかかわらず23人の観光経営学科の1年生が参加しました。 

 空港スタッフの皆さんの案内で、ランプコントロールタワー、滑走路、貨物区域、旅客ターミナル、ビジネスジェットラウンジ、「成田空港 空と大地の歴史館」を見学し、各々の施設について説明を受けました。ほぼ5時間にわたる見学研修は、国際観光に果たす空港の役割を考える良い機会となりました。

成田国際空港の皆様、ありがとうございました。

冒頭に研修室にて空港施設の概要の説明を受けました。

 

  ランプコントロールタワーでピース!!            地上管制を中心に空港管制の仕組みの説明を受けました。 気を抜けない仕事です。

 

 

ランプコントロールタワーから                                  見渡す空港の風景に、ワーッと声が上がりました。

 

 

ビジネスジェットのお客様の出入国はここで行います。
旅客ターミナルの説明をうけました。                   英語の必要性をしみじみ感じました。
 

           リニューアルされたショッピング街の説明を聞きました。売上額の大きさに驚きました。

 

 同講座は、後期開講のブライダルビジネス論の入門編。84日(月)から8日(金)にかけて、3日間の座学、2日間の学外実習で構成された5日間にわたる講座でした。

講師は長い間ブライダル業界で経験を積んだ檜森陽子先生。

座学でブライダルビジネスの基礎知識を得た後に、檜森先生に引率され、2回のハウスウエディング施設、ウエディングドレスショップ見学。ビジネスの現場に触れました。 

1日目 ブライダル産業の基礎知識

 ブライダル市場、ブライダル産業の概要、特性と課題な  どについて学びました。翌日見学をするウエディングドレスの企業についてホームページをチェック。 

            

2日目 ウエディングドレスショップ(ノバレーゼ銀座)見学

「ウエディングドレスの素材の基本は、3つ。                               サテン、チュール、オーガンジーです」熱心に説明を聞く。

ウエディングドレスに囲まれて、はしゃいでいます。

 

 

最後に研修をしてくださった「ノバレーゼ銀座」の

マネージャーとコーディネーターの皆様と記念撮影。

 
 

 3日目 昨日のレビュー

ウエディングドレス業界についてレビューをした後に、様々なウエディング施設と運営について学びました。翌日見学するハウスウエディング施設についても事前に調べました。

4日目 ハウスウエディング施設の見学 

                      ハウスウェディングの支配人に説明を受ける。素敵な式場にため息。


 


5日目 ブライダル産業についてのレビュー

ブライダル業界の基礎知識を整理しました。ウエディングドレスやタキシードの試着もでき、感激しました。 

 

 

 観光経営研究Ⅱ・Ⅲは、観光関連産業の7分野(旅行・ホテル・鉄道・テーマパーク・航空・観光地・ブライダル)の業界の経営、および各分野の事例企業の経営について学び、経営に対する具体的なイメージを掴んでもらうゼミ形式の授業です。

 今年の前期に開講された観光経営研究Ⅱは旅行コース・ホテルコース・鉄道コース・テーマパークコースの4分野。履修者全員の23名・7グループが合同プレゼンテーションに参加し、研究の成果を競いました。

研究の成果を全員の前でプレゼン。緊張します 工藤学科長から講評をいただきました。 

 

                     全員で記念撮影

 

●旅行コース:旅行会社の仕組み、旅行商品の企画等について学びました。

 

 東武トラベル本社を訪問し、講習を受けました。旅行会社の現場を肌で感じました


●ホテルコース:ホテルの歴史的変遷、機能、日本や外資系ホテル経営の特徴等を学びました

 

 

 東武ホテルを視察して、具体的なホテルの仕事のイメージがつかめました。プレゼンテーションでは今後の課題と解決方法を提言しました。


●鉄道コース:鉄道事業と観光の役割について学び、理解します。 

押上にある東武鉄道本社を訪問し、                          東武鉄道の観光戦略について講義を受けました。

     東京スカイツリー、川越、生越など、                      東武鉄道沿線にある観光地も訪ねました。 


●テーマパークコーステーマパーク産業についての基礎知識を学習し、実際にテーマパークを訪れ、分析を行いました。また、視察で得た知識や発見したことを踏まえ、現在のテーマパークが抱える課題を明らかにし、解決策を考えました。