2015年6月アーカイブ

 

経営学部では実践学習を積極的に実施しています。

その一環で,今回はTOHOシネマズ株式会社さまにご協力いただき,

劇場と運営の裏側を見せていただきました。

 

 




TOHOシネマズ独自の巨大スクリーン「TCX」

 

他の映画館では見られない規格です。

同じ映画を観るのでも,提供されているサービスがこんなに違うのかと実感しました。

 

 

 

そして

まだ日本に一つだけしかないという貴重な「MX4D」を紹介していただきます。

 

 

 

MX4Dは,「体感できる映画」です。

 

この劇場では,映画を見ながら状況に合わせて

座席が震えたり,

匂いがしたり,

何かが身体に当たったり,

水しぶきが飛んできたりと

五感を通して映画作品を体感することができます。

 

 

 

 

「買ったポップコーンが沢山入ったままだと,こぼしてしまうかも」

というほどの臨場感だそう。

 

 

 

荷物などが濡れてしまうかもしれないので,

MX4Dシアターの前にはロッカーも必要です。

まるで遊園地のアトラクション!

 

このサービス,

日本にはまだ淑徳大学の近く「ららぽーと富士見」のTOHOシネマズにしか無いものです。

 

お客さんを引き込む,様々な仕掛けは興味深いですね。

  

 

 

 

劇場の裏側も見せていただきました。

いかに「コンパクト」にまとめるかがよく練られています。

 

 

 

 

 

映画館の顔,スクリーン!

こんなに大きかったとは・・・。

よく見ると,表面には小さな穴がたくさん。

これでスピーカーの音を客席まで効率よく届けられるそう。

 

 

  

 

その後も,運営の仕組みやさまざまな課題を説明していただきました。

 

映画館は施設ベースのサービス業です。

この後、サービス業の特徴を捉え,いかに商品を展開していくか課題を抽出し,

検討を重ねながら実践的な学習に結び付けていきます。