2018年9月アーカイブ

2018年9月20日~23日に公益社団法人 日本観光振興協会および一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)ならびに日本政府観光局(JNTO)の主催で『ツーリズムEXPOジャパン2018』が東京ビッグサイトにて開催され、淑徳大学経営学部観光経営学科が初めてブース出展いたしました。
『ツーリズムEXPOジャパン』は「世界のツーリズムをリードする」総合観光イベントとして、世界136カ国の国と地域から観光業界はもとより様々な産業界関係者が出展し、国や地域の魅力を発信する世界最大級の旅の祭典です。

 

9月21日業界日には、産官学連携先の企業・団体関係者を対象に淑徳大学主催セミナーが開催され、この中で観光経営学科の学生および教職員が、本学の地域連携・産官学連携の取組み状況、インバウンド等の研究発表、就職状況等について発表を行いました。
また、会期中には観光経営学科1年生から3年生までの全学生ならびに4年生の一部の約300人がブースのスタッフとして参加するとともに、各ブースを見学しました。
会場は4日間で20万人以上の来場者で賑わい、本学ブースにも多数の企業・受験生の方にお越しいただきました。
学生たちは世界各国・地域の最新情報を得るために各ブースを回り、海外からの訪日旅行の誘致に向けた企業の取り組みや、各国の旅情報を楽しみながら見学していました。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、国内の観光産業は新たなビジネスチャンスの創出と拡大が見込まれます。
こうしたイベントにおける経験は、学生たちがさまざまな国や地域の文化にふれることで国際的な視野を広める機会となることでしょう。

 (田川博己ツーリズムEXPOジャパン実行委員会委員長・JATA会長と)

 

 (観光経営学科3年生によるプレゼンテーション)

 

 (航空会社ブースで最新のサービスを体験)

 

『みずほ台祭り』に出店しました

8月25日、大学最寄り駅のみずほ台駅西口で『みずほ台祭り』が開催され、本学の学生もブースを出店いたしました。
これは、「企業経営研究Ⅱ」という授業の一環で行ったものです。

「企業経営研究Ⅱ」の授業を受講している学生のうち商店会活性化コースに所属している13名(Aコース9名、Bコース4名)が参加し、Aコースはかき氷、Bコースはドリンク数種類をそれぞれ販売しました。

 6月中旬から打ち合わせを始め、「このお祭りの参加者はどんな人たちか」「他の出店は何をいくらくらいで売っているのだろうか」といったことを議論しながら、「何を販売するか」「価格設定はいくらにするか」「何食分用意すべきか」について話し合いを続けました。

メニューおよび価格の決定や仕入業者の選択も学生自身で行い、実際に店を出すことで今までよりも「経営」を強く感じる機会となりました。

当日は、ライバルとなる他の出店の価格と比較して焦ったり、思ったよりも客足が伸びなかったために急遽値下げを行ったり、ドリンクのサーバーの調子が悪く業者に問い合わせをしたりとアクシデントも多く発生しまして、「経営には想定外がつきものである」という、経営者にとっては当たり前のことですが、教科書からは学べない経験をしました。

さて、みずほ台商店会では、数年前にオリジナルキャラクターを作成しており、今年度からみずほ台まつりのポスターにも大きく描かれております。
ポスターはみずほ台まつり主催の西みずほ台商店会のHPに掲載されています。

商店会活性化Bコースでは、この「キャラクターの認知度が高くなれば商店会に対して親近感を抱き、より商店会を頻繁に利用するのではないのではないか」と考えて、前期から駅前でのアンケート調査を通じて研究を行っています。
今回のみずほ台祭りでは、商店街のあちこちにポスターが張り出され、初めてキャラクターのグッズも販売されたということで、このキャラクターの認知度にも影響があったものと考えられます。

竹中ゼミ 『のれん価値』を学ぶ夏合宿

観光学科竹中ゼミでは、9月3日より一泊の行程で夏合宿を実施しました。
神奈川県鎌倉の視察ののち、江の島を訪問、地元の老舗旅館に投宿しました。

 

一般に著名な景勝地では,場所そのものの魅力によって、そこで営業する店舗に一定の優位性が認められます。
一例を挙げれば,どこででも買えそうな商品であっても、有名観光地では少し高めの価格設定がされている場合があり,そこそこに売れていることに気づかれる人も多いでしょう。
このような優位性を企業の「のれん価値」と呼びます。
のれん価値は立地のほか,各企業の営業努力により増えも減りもします。
夏合宿ではこれらについて、会計学の観点から考察しました。