2014年11月アーカイブ

救命救急講習

11月7日(金)

体育館で教育学部の2年生を対象とした救命救急講習会が行われました。

その前の週の授業では、埼玉県に導入されている救命救急が必要な時のマニュアル「ASUKAモデル」が作られたきっかけが動画になっているものをみて、救命救急の大切さを実感し、講習会に臨みました。

教員になったとき、子どもを守るためには必要な技術の一つであることを感じながらみんな一生懸命に取り組みました。

わかりやすく、そして丁寧に教えてくださった講習会の講師の日本赤十字社の方々お忙しい中ありがとうございました。

教育学部の2年生を対象とした救命救急講習会   教育学部の2年生を対象とした救命救急講習会

 

〈救命救急講習会に参加して〉

  • 教育学部の2年生を対象とした救命救急講習会私は、一年ほど前に、一度救命救急の講習を受けたことがあり、少し自信もありました。
    しかし、今回の講習では、順番を再確認するとともに、幼児の救命の仕方も学ぶことができて本当によかったです。
    教員になった時、今回学んだことを活かせるように、しっかりと復習したいと思います。 
  • わたしは中学校の時や車の免許を取るときに、心臓マッサージと人工呼吸を体験しましたが、忘れ ていることが多かったです。
    埼玉県のASUKAモデルの動画を見たときに救急救命の大切さを改めて実感し、体得しなければならないと感じました。
    実際に体験したときはとても緊張感ある雰囲気で真剣に行うことができました。
    この講習を活用する時があるのは嫌ですが、もしあったと きのために忘れずにいたいです。

『よしヨシMIYOSHI!カーニバル― SUN富SAMBA(さんとめサンバ) ― 』の演奏・ダンスを披露「にほんの里100選」にも選ばれた歴史ある三富新田でさつまいも掘りが開催されました。

淑徳大学教育学部1年生が『よしヨシMIYOSHI!カーニバル― SUN富SAMBA(さんとめサンバ) ― 』の演奏・ダンスを披露。

また、「いも判」制作・スタンプ遊びに参加しました。

 

星はなえ

三芳町「世界一のいも掘りまつり」に、こども教育学科の1年生が参加しました。「さんとめサンバ」の演奏班、「いも判」班に分かれて参加しました。子どもたちはもちろん、地元の方とも触れ合うことができ、大いに盛り上がりました!

私たち学生にとって貴重な経験でした。これからも益々盛大になり、こども教育の学生の参加が続くことを願っています。

 

鈴木健太

今回、演奏・ダンスを担当しました。「みよしカーニバル」はテンポが良くて振り付けが簡単なので、緊張することなく踊ることができました。事前の準備をし、参加することで、地域の方々との強い結びつき、関わりを実感しました。ありがとうございました。

 

荻原健悟

私は、「いも判」を担当しました。程よい厚さに切ったさつま芋を、地域の子ども達が、ハートや星など好きな型を選んで切り抜き、スタンプを作りました。色々な子ども達と関わり合うことができ、教師を目指すものとして貴重な体験ができました。

三芳町「世界一のいも掘りまつり」に、こども教育学科の1年生が参加しました