2017年12月アーカイブ

後期の学生生活2 3年生のゼミ活動より〜地元体験を楽しむ

 今回も教員のマツバラが、3年生のゼミの体験学習について書いています。

体験にも様々なものがあり、それは必ずしも学校や幼稚園・保育園でのことに限るものではありません。

例えば、埼玉県の教員になることを目指している人が、埼玉県の良さを何も紹介できない、ということでは困ります。

 ということで、私のゼミや授業では、時たま色々なところに出かけて、埼玉県の素敵なところ、面白いところを実際に見て体験しようという時間を設けています。

 

 

 

 そして、今回はこちら、所沢の食の駅に行ってきました。

ここでは、地元の農産物や畜産物を生産者の顔が見える形で販売しています。

他にも、関東一円のこだわり食材や食品を取り揃えて売っている、食いしん坊には大変魅力的な場所なのです。

 

 

 そして、販売所に隣接しているビュッフェスタイルのレストランでは、やはり地元の食材を主体とした様々な料理が提供されていて、これも魅力なのでした。

 

 

 

 小中学校で進められてる食育では、地場野菜の積極的な利用も進められているということもあり、どんな食材がどのように調理されるのか、地元の食材をしっかり味わう体験にもなりました。

 

 3年生のゼミでは、3月に秩父で合宿も企画していますので、その様子もまた紹介したいと思います。

 

 

後期の学生生活1 教員採用試験の模試とホテルのビュッフェ

 冬休み中は、学生たちの後期の生活を少し振り返って紹介したいと思います。

 ということで今回は、11月末に実施された教員採用試験の模試にまつわる話題を、教員マツバラと3年生の栗原奈津子が紹介します。

 

 11月25日の土曜日に、初等教育コースの3年生は教員採用試験の模試を受けました。

この試験は、“卒業にふさわしい力を身につけているか”を試すための試験でもあり、卒業にも関わるもので、初等教育コースの3年生全員を対象としています。

 教員の立場としては、もちろん、全員に採用試験の合格間違いなし!の評価を取ってもらいたいのですが、実際は、これからさらに努力しましょう、という結果をもらう学生もまだまだいっぱいです。

 そんな土曜日、3年生の栗原さんたちは、頑張ったご褒美にちょっと奮発したようです。

 

 

ということで、ここからは、栗原さんの文章です。

--------------------------------------------------------

 

 

 都内のちょっといいとこのホテルビュッフェが安めに予約することができて、模試の間も気がそぞろです。

 ブッフェの内容を一言でまとめるなら最高に幸せでした。

海沿いのホテルだったので窓の外の景色はいいし、スイーツだけでなく軽食も充実しているし、何をとっても美味しかったです。

クレームブリュレは目の前でカラメリゼしてくれるし、フォンダンショコラは出来立てを食べられるし、味付けはしつこすぎない甘さでどれも上品な味でした。

 

 

 

 2,3年から土曜日に補講や模試が入ることが多くなるのですが、その後に何か楽しみを作っておくと、頑張れるかも知れません。

 

 

 

 

 

親子で楽しむクリスマス会を開催しました

 今回は、12月2日にキャンパスで開かれたクリスマス会の様子を紹介します。

すでに何回か紹介してきたように、教育学部では親子で楽しめるイベントを実施してきました。

今回は、初の試みとして、キャンパスに親子連れで来ていただき、クリスマスのイベントを楽しんでもらう企画を実施しました。