後期の学生生活2 3年生のゼミ活動より〜地元体験を楽しむ

 今回も教員のマツバラが、3年生のゼミの体験学習について書いています。

体験にも様々なものがあり、それは必ずしも学校や幼稚園・保育園でのことに限るものではありません。

例えば、埼玉県の教員になることを目指している人が、埼玉県の良さを何も紹介できない、ということでは困ります。

 ということで、私のゼミや授業では、時たま色々なところに出かけて、埼玉県の素敵なところ、面白いところを実際に見て体験しようという時間を設けています。

 

 

 

 そして、今回はこちら、所沢の食の駅に行ってきました。

ここでは、地元の農産物や畜産物を生産者の顔が見える形で販売しています。

他にも、関東一円のこだわり食材や食品を取り揃えて売っている、食いしん坊には大変魅力的な場所なのです。

 

 

 そして、販売所に隣接しているビュッフェスタイルのレストランでは、やはり地元の食材を主体とした様々な料理が提供されていて、これも魅力なのでした。

 

 

 

 小中学校で進められてる食育では、地場野菜の積極的な利用も進められているということもあり、どんな食材がどのように調理されるのか、地元の食材をしっかり味わう体験にもなりました。

 

 3年生のゼミでは、3月に秩父で合宿も企画していますので、その様子もまた紹介したいと思います。