イベントの最近のブログ記事

「おそとカフェ」に参加しました

あけましておめでとうございます。

今年の冬は、急に冷え込んだり暖かくなったりと、寒暖の差が大きいようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

教育学部のブログでは、今年も様々な学部の活動、学生さんたちの活躍を、皆様に紹介していく予定です。

ここから興味を持っていただけた方には、ぜひ一度、オープンキャンパスなどにもお越しいただき、活躍している学生さんたちの雰囲気を感じてもらえたらと思います。

 

ということで、今回から3回ほどは、先月紹介しきれなかった昨年12月中の活動を紹介して行きます。

第一弾は、「おそとカフェ」のお話です。

以下は、引率してくれた藤田先生からの報告となります。

「おそとカフェ」は、外遊びをしよう!と板橋区の地域の方が発起人となって始められた活動です。

実行委員会は地元の有志の方が中心となり、東京家政大学の尾崎ゼミ、高齢者のグループ、板橋区役所の方、淑徳短期大学部卒業生で板橋区公立保育士笠井さんが集まり、2か月に1回、板橋区の赤塚新町公園で活動をしています。

10月の「秋のおそとカフェ」に引き続き、12月9日の日曜日、午前10時から14時に開催されました。

教育学部の学生たち5名(パネルシアタークラブPITAPETA)は、淑徳短大卒の笠井さんと一緒に「ようすけお兄さんの弾き語りとパネルシアター」のコーナーを受け持ち、午前と午後と2回公演を行いました。

今回参加してくれた皆さんは、0歳から小学校低学年のお子さんとその親御さん、約50組です。

 

今回のおそとカフェは、「焼き芋をつくろう」がテーマだったので、パネルシアター「焼き芋じゃんけん」と「ジャパニーズクリスマス」を上演しました。

子どもたちは歓声を上げて一緒に楽しみ、上演後も「なぜ絵がくっつくの?」「楽しかった!」と学生たちは子どもたちと良い交流をすることができました。

甘くてとろりしたおいしい焼き芋をほおばりながら冬の公園遊びを子どもたちと一緒に楽しみました。

 

次の開催は2月3日(日)です。

「是非また、次回も参加したい!」「楽しかった!」

との声のもと、参加意欲に燃えていまから準備にかかろうと話し合いました。

ウインターセミナーが開催されました

12月8日(土)、埼玉キャンパスではウインターセミナーが開催されました。

プログラムは学部別で運営されており、ここでは教育学部の様子を紹介します。

このセミナーの目的は、大学生活に向けての不安解消と、入学前課題の内容と取り組み方を理解してもらうことにあります。

そのために、例年、在学生から選ばれた学生リーダーが中心となってセミナーの内容を検討し、運営も行っています。以下、その様子を紹介します。

 

10時から始まったセミナーでは、最初に学部長の加藤先生から、大学の基本理念も踏まえて、教育学部では何をどのように学んでいくのかについてのお話がありました。

その後、簡単に、教員の紹介を行った後は、終了まで全て、学生リーダー中心のプログラムになります。

まず、学生リーダーの挨拶と紹介から始まり、まずは小グループでの自己紹介とゲームなどで、参加者同士の交流を深め、話しやすい雰囲気ができていきます。

 

最初は表情の硬かった参加者も、昼休みになる頃にはすっかり笑顔になり、グループの中での会話も弾むようになりました。

 

午後は入学前課題への取り組み方について、これも学生リーダーから詳しい説明があり、みんな真剣にメモを取りながら聞いていました。

その後、学生リーダーが演ずるパネルシアターを見てもらい、それに続いて、入学後、こうしたゲームやパネルシアターを、保育園や幼稚園、小学校などの子どもたちの前でも披露する機会がたくさんあることも紹介しました。

最後には参加者全員で記念写真を撮って、セミナーは終了となりました。

最初は緊張していたみなさんも、終了する頃にはすっかり笑顔になり、連れ立って楽しそうに帰るグループもできていて、良い時間を過ごしてもらうことができたと感じられました。

 

 

 

チームラボ×淑徳大学教育学部コラボイベントが開催されました


『夜はハロウィンナイト!ブラックパネルシアターワークショップ!!』

10月27日(土)、ららぽーと富士見内にある「チームラボ!学ぶ未来の遊園地」にて、教育学部の松家ゼミの学生がブラックパネルシアターの上演を行い、合わせてワークショップも開催しました。
準備からこのイベントに関わってくれた松家先生からの報告です。

チームラボと淑徳大学は、現在、デジタルとアナログの融合をテーマに共同研究に取り組んでおり、日本で初めての子どもを対象とした常設店であるららぽーと富士見店とは、昨年度から様々な取り組みを行っています。
今回はその一環として、淑徳大学の特色のひとつであるパネルシアターの上演やハンドベル演奏、親子で体験できるブラックパネルシアター制作、ダンスなど、日頃の授業やゼミでの取り組みを生かした内容で実施しました。
およそ2ヶ月間の準備を経て、練習や作品の制作キット作りに取り組んでの本番。会場には満席の親子が訪れ、学生たちは、精一杯観客とふれあい、力を出し切りました。

学生たちからは、
「緊張したが、とても貴重な体験だった。」
「子どもたちが、きらきらした目で真剣に観てくれて、とても嬉しかった。」
「ブラックパネルシアターのワークショップでは、子どもたちが描いた絵がきれいに光って、感動的だった。」
「ハンドベルやみんなでハモった歌は、練習の成果が出て、自分たちでも鳥肌が立つくらいきれいだった。」
「気付いたら、恥ずかしさを忘れて、みんなと一緒に精一杯歌っていた。」
「学生時代にもっともっとパネルシアターを作りたい。」
「またこのような機会があれば、ぜひ参加したい。」
などの感想がありました。
当日に向けての準備や練習、実際の体験を通して、たくさんの学びと感動を得た様子。
ぜひこの経験を今後の学びに活かしていってほしいと思います。

チームラボの方々をはじめ、ご協力いただいた先生方皆様に心より感謝申し上げます。

学園祭とホームカミングデー

10月20日と21日の両日は学園祭でした。その中でホームカミングのイベントも開催されました。

毎年、学園祭では1年生のクラスは模擬店、2年生のクラスは子ども向けの学びと遊びのイベントで趣向をこらします。
同時に、この両日は保護者懇談会・相談会や、卒業したみなさんをお迎えするホームカミングデーのイベントも開催されて、盛りだくさんな2日間となります。

初日の夕方、やや強い雨が降り、ステージの公演が一部中止になりましたが、例年と比べると天気も良く、多くの方にご来場いただいけました。

教育学部とその前身となる国際コミュニケーション学部・人間環境学科のこども教育専攻の卒業生中心に呼びかけたホームカミングプログラムでは、園児向けの作品を作ったり、お互いの近況報告をしながら、困っていることへの対処法について話し合ったりと、有意義な時間を過ごしました。
その後のキャンパス全体の卒業生の懇談会にも多くの方が参加してくださいました。

今年も多くの卒業生が教育現場へと旅立ちます。
これからますます、在学生と卒業生が交流する機会が増えていき、それがまた学部とキャンパスを活性化させていくであろうことを感じられたひと時となりました。

9月29日(土)1年生8名、2年生13名のフレンドシップメンバー、1年生有志の17名(演奏隊11名、芋版係6名)が、三芳町主催の「第8回 世界一の芋ほりまつり」に参加してきました。
今回、フレンドシップでは、三芳町からの要請により、受付係、スタンプラリー係、ゆるキャラ係を担当しました。当日の様子を紹介します。

 

開会式では、毎年恒例の演奏隊が、歌や踊りを披露しました。
先頭は大串先生。踊りは1年生の有志。
ゆるキャラの中には、フレンドシップの学生が入っています。

こちらは、受付の様子です。
町役場の方から説明を受け、実際の受付業務に取りかかります。
一つ一つが貴重な経験です。

 

芋掘り祭りでは、芋ほりを楽しむとともに、スタンプラリーをして圃場を一周します。
小雨が降る中ではありましたが、フレンドシップの学生が、子どもたちが楽しめるように、運営スタッフとして活躍していました。

1年生有志による芋版スタンプ作りです。
サツマイモから型を切り抜き、鮮やかな色で模様作りをします。
スタンプを押した紙を最後に台紙に貼り付けて完成です。

当日は、悪天候の中でしたが、たくさんの子どもたちが集まり、大盛況でした。

 

 

 芋版スタッフ

 

学生も、芋ほりを楽しみました。
思ったよりも大きいサツマイモを掘ることができ、満足そうでした。

今回も、子どもと関わり、子どもが喜ぶ姿から様々なことを学んだと思います。
また、地域の方や様々な年代の方とのかかわり方、みんなで一つのものを作り上げる楽しさ等、多くのことを学ぶ貴重な機会になったことでしょう。

 

 

オリンピック・パラリンピック2年前イベントに参加!②

以前、このブログでもオリンピック・パラリンピック2年前イベントについて紹介しました。


今回はその第2弾として、8月25日(土)に、ららぽーと富士見でのイベント「埼玉で開催!2年前イベント~東京2020パラリンピックに向けて~」の様子を紹介します。
今回も多数の出展がある中、淑徳大学教育学部からは、「パネルシアタークラブPITAPETAの学生」(1年生8人)が、朝から一日、ららぽーと富士見1階でブースを出しました。
学生たちは、「デリシャスオリンピック」「競技名当てクイズ」など、オリンピックを題材にした「パネルシアター」や「塗り絵コーナー」を準備し、パネルシアターは、15分公演を8回行いました!
また、今回は地元テレビ局からの取材もあり、慣れないインタビューに、学生が一所懸命応えてくれました。

パネルシアターの公演では、多くの親子連れの皆さんが足を止めてくださり、一緒に歌ったり遊んだりと、一体感のある空間が生み出されているのが印象的でした。

オリンピック・パラリンピック2年前イベントに参加!

7月21日(土)・22日(日)に、イオンレイクタウン越谷でオリンピック・パラリンピック2年前イベント(「埼玉で開催!2年前イベント~Tokyo 2020 2 Years to Go!~」)が開催されました。
会場全体で100を超える出展の中、淑徳大学教育学部は、22日(日)に朝から一日Moriエリア1階で、子どもたちやお父さんお母さんと触れ合ってきました。
今回は、パネルシアタークラブPITAPETAの学生(3年生4人・1年生3人)が参加しました。

 

学生たちは、オリンピックに関係する「パネルシアター」や「塗り絵」を準備し、パネルシアターは、15分公演を12回も行いました!たくさんの方々が休日のお買い物の途中、足を止めて楽しんでいってくださいました。
学生たちは「子どもたちがかわいかった!」「近くで話したり触れ合えたりして楽しかった!」と充実した手応えを感じた一日でした。

教育学部運動会を開催しました

学校や幼稚園、保育園などでは、運動会その他、様々な催しが開かれます。

将来、教職員として働く皆さんは、その企画・運営にも携わらなければなりません。

本学部の学生にも、そうした催しの企画や運営を実際に体験してもらおうと考えており、その一環として、1、2年生の実行委員が中心となって、学部学生の運動会を毎年開催しています。

その運動会を、今年は5月19日の土曜日に開催しました。

 

 

 

開会式での選手宣誓や準備体操を終えて、午前中は障害物競走とダンシング玉入れの2競技、午後からは“台風の目“と大縄跳びの合計4競技を、4つのグループの対抗戦として実施しました。

 

 

 

昼の休憩時間中には、ダンスサークルのリバティのメンバーによるダンスパフォーマンスもあり、盛り上げてくれます。

 

 

閉会式では、優勝杯贈呈に加えて、様々な賞を設けて4つのグループそれぞれにユニークな賞が贈られるとともに、4年間ずっと参加してくれた4年生にも感謝状が贈られました。

最後に全員で記念写真を撮影して、今年度も無事に運動会を終えることができました。

 

そして最後に全員で記念写真を撮影して、今年度も無事に運動会を終えることができました。

 

卒業式を迎えました

3月17日、埼玉キャンパスでは卒業式が挙行されました。

 

この1年、ブログを担当してきた教員マツバラのゼミでも、おかげさまで全員無事に卒業できることになりました。

埼玉キャンパスでは、卒業式の後、ゼミ別に分かれて卒業証書や教員免許などを卒業生に受け取ってもらいます。

 

その後、昼からは卒業記念パーティーが開かれて、在校生もイベントを企画して場を盛り上げてくれます。

 

 

順調に4年生になれば、履修しなければいけない授業はそれほど多くはありません。

しかしそれでも、卒業研究や教育実習など、通常の授業よりも自分で考えて取り組む必要の高いものに取り組むので、みんな悪戦苦闘します。

それを乗り越えて卒業を迎えた4年生はみんな嬉しそうです。

 4月からは、きっと今よりもレベルの高いところで苦労することもあると思います。

が、今日はみんなの門出を祝いたい1日になりました。

先週の湘南平塚での公演に引き続き、12月17日の午後13時と16時の2回、チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- ららぽーと富士見店で、クリスマスのスペシャル企画として松家ゼミによるパネルシアターの公演とワークショップが開かれました。