ボランティア活動の最近のブログ記事

2018年度パネルシアターキャラバンのご報告

先月の24日(日)から26日(火)の2泊3日間で、今年が9回目となる、淑徳大学地域支援ボランティアセンター主催のパネルシアターキャラバンが、東北各地を回りました。

今回は、教育学部の学生7名と総合福祉学部の学生1名が参加しました。以下、キャラバンを率いてくださった藤田先生からの報告です。

 

東日本大震災の発生から8年が経とうとし、被災地の復興が進む中、3.11を風化させない「できることを。いま。ここから」をスローガンに、パネルシアターを通して多くの笑顔が花開くように広がることを願いながら、宮城県石巻市を中心に活動を継続しています。

今年は、宮城県の山元町と石巻市を訪問しました。訪問場所は以下の3か所です。

 

山元町「防災センター『つばめの杜 ひだまりホール』」:視察

石巻市「情報交流館(中央館)」「大川小学校」「日和山公園」など:視察

石巻市「水押保育所」「こどもセンター『らいつ』」「飯野川保育所」:パネルシアター公演

 

山元町では、防災センター長を務めておられる淑徳大学卒業の岩佐勝先生から防災センター「ひだまりホール」の詳しい説明を伺いながら見学しました。

その防災センターには、東日本大震災時、岩佐先生の大須地区避難拠点でのご経験を踏まえた、深夜でも避難しやすいドアの工夫など、細やかな配慮が数多くなされていました。

パネルシアターは、40~50分の公演をそれぞれの訪問先で行い、いずれの公演でも明るく大きな笑顔が広がりました。

 

<学生の感想>

◆初めて自分の目で被災地を見て、津波の恐ろしさを改めて感じました。

そして8年経つ今でも津波の被害にあった建物が残っているのを見て、復興にはまだまだ多くの時間がかかり、自分には何ができるのかなととても考えさせられました。

パネルシアターは、夜の練習やバスでの歌練習の時からとても楽しむことができました!子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができたので、今回参加してよかったなと思いました。


◆実際に被災地を見て周り、地震や津波の恐ろしさを強く感じました。

自分の住んでいる町が津波にのみ込まれていく様子を見た被災者の方々にとって、それがどれだけ辛く、怖いものだったのかと思うと胸が苦しくなります。

将来教員を目指す私に何が出来るかを考えると、3.11のことを後世に伝えることだと思います。

パネルシアターでは、どの公演でも自分が楽しむということを心がけ、公演に臨みました。

みんなで歌を歌ったり、一緒に踊ったりと、見に来てくれた子どもたちも楽しんでくれたと思います。

これからもたくさんパネルシアターをやりたいです!

 

◆震災から今年で8年が経つとはいえ、まだまだ復興しきれてはいない建物や道路、補強工事などから地震・津波などの自然災害の恐ろしさと深刻さを感じました。

また、大川小学校を訪れた際、どうしてこんなにも多くの児童が亡くなってしまったのか、心が締め付けられるような感覚とともに考えさせられました。

教員という立場になろうとしている身として、自分の判断一つひとつに責任を持つこと、そして東日本大震災の教訓をこれから生まれてくる未来の子供たちに伝えていかなければならないと考え、強く心の中で決意しました。
パネルシアターでは、何よりも子供たちや施設の先生方、地域の方々に楽しんでもらうという目標を自分の中で立て、この1年で積み上げてきた経験と技術を発揮できるよう精一杯努力しました。

また、普段一緒にパネルシアターをすることがないメンバーと参加することができ、いい刺激にもなりました。

 

こども大学みよしに向けて!

今年は1年生も早くから様々なボランティア活動に参加しています。

すでにブログでも紹介した、こども大学ふじみ・こどもスポーツ大学ふじみに加え、6月30日からスタートするこども大学みよしにも、参加してくれる学生がいます。

今回は、こども大学みよしの担当である松家先生から、こちらに参加する学生の様子を紹介してもらいます。

 

 

こども大学みよしスタッフの初等教育コース1年生!やる気満々です。

6月30日の本番にむけて、パネルシアターの練習だけでなく、支援センターにあった手作りの名札を見て、私たちも作ろうよ!ということになり、今日は、斉藤先生に教えていただきながら、それぞれの可愛い名札も完成させました。

学内で小学校や幼稚園・保育園の情報を共有したり、お互いに刺激し合える環境は、初等教育コースと幼児教育コースが併設されている埼玉キャンパスならではの魅力です。

こども大学の本番も楽しみです。

「三芳町みらい&のぞみサマー・チャレンジ・スクール!」体験報告

今回は、夏休みの活動報告を二つ、教員マツバラがまとめて紹介します。

まずは3年生の泉さんによる、ボランティア体験報告です。

 

-------------------------------------------

 

夏だ、夏休みだ!どうも、3年の泉です。

すでに夏休みは明け、後期がスタートしましたが、学生としての夏休みはどうだったのか。

今回は、学生の夏休みの過ごし方のとある一日を紹介したいと思います。

 

わたしは、8月の第4週と5週にかけて行われていた「三芳町みらい&のぞみサマー・チャレンジ・スクール!」というボランティアに参加していました。

今年から始められた取り組みで、宿題や自主学習を行う地域の小学生を集めて、大学生ボランティアがサポートするという内容の小学生向けの勉強会です。


暑い中、会場に向かうのに畑道を歩いた日もあり、なかなか大変でした。

 


ボランティアなので報酬はありませんが、つまずいている子にマンツーマンで教えてあげると、わかったときに嬉しそうな表情を見せてくれる。

それだけでわたしはやってよかったなぁと何度も思いました。

子どもたちの笑顔が最高の報酬でした。

 

 

↑ 終わった後にみんなでティラミスを食べました。

 

  -------------------------------------------

 

ここからは、夏休み明けのボランティア活動報告について、教員マツバラが紹介ます。

 

泉さんが紹介してくれた活動には、3年生だけではなく1年生も参加しています。

1年生が教育現場に出る授業は2月です。

しかし、授業以外でも、今回紹介しているように夏休みから、あるいはもっと早くから、様々な形で子どもたちと接する体験が用意されています。


後期になると、毎週金曜日の1時間目に、1年生は自分たちが参加したボランティア活動の体験報告会をやっています。

初日である9月22日に発表した2つのグループは、泉さんと同じ「三芳町みらい&のぞみサマー・チャレンジ・スクール!」に参加していたメンバーでした。

 

 

 

子どもたちの集中力を維持させられない、宿題を教える基礎知識が不足している等々、1年生にとっては自分たちの課題をたくさん発見する機会となったようです。

一方、そうした課題にしっかり対応している先輩たちの姿がとても頼もしく思えたという感想もありました。

 (泉さん、君たちは頼もしい先輩、だったようですよ。)

 

自分たちの課題をしっかり見つけて帰ってきてくれて、それを発表してくれた1年生も、頼もしい姿を見せてくれた先輩たちも、お疲れさまでした。

 

 

「わくわく遊び隊」富士見市立子育て支援センター「ぴっぴ」へ出動!

7月2日(木)富士見市立子育て支援センター「ぴっぴ」へ教育学部の学生有志で遊びに行きました。

全員1年生でしたが毎日、養成支援センターへ自発的に通い、練習をして、パネルシアター(とんでったバナナ・アイアイ)をやりました。

ぴっぴでは主に乳児を連れた親子が遊びに来ていましたが、音楽に乗ってパネルの上を動くバナナやおさるさんに目は釘付けで、とても喜んでいただきました。

<参加した学生の声>

「子どもたちが楽しんでくれて嬉しかったし、楽しかった」

「練習を重ねていくうちにパネルシアターも合間の声かけも上手に出来るようになり成長できたと思う」

「普段、関われない小さい子どもたちと楽しい時間が持てた」

「お母さん達がとても楽しんで見てくれたのが意外だったが嬉しかった。」

「とてもモチベーションが上がった。また参加したい」

「わくわく遊び隊」富士見市立子育て支援センター「ぴっぴ」へ出動!   「わくわく遊び隊」富士見市立子育て支援センター「ぴっぴ」へ出動!

宮城県石巻市 雄勝学習支援ボランティア

8月3日から8日まで、宮城県石巻市雄勝町にある大須小学校と大須中学校での学習支援ボランティアに参加させていただきました!

私は昨年に引き続き2回目の参加だったため、1年ぶりに小中学生に再会することができ非常に嬉しかったです。

午前中は小学生を対象に、夏休みの宿題のお手伝いを中心に学習支援、そのあと外で鬼ごっこやドッジボール、プールで水遊びなどを行いました。

午後は中学生を対象に、受験勉強や夏休みの宿題のお手伝いを中心とした学習支援を行いました。

学習ボランティアでは、私たち学生が児童生徒に寄り添い、一緒になって考える時間がどれだけ大切なのかを身をもって知りました。

全校児童・生徒数が非常に少ないため、上級生が下級生の面倒を見ている姿や互いに慕いあう姿を見て、絆の深さや心の優しさを感じました。

宮城県石巻市 雄勝学習支援ボランティア そして、被災された女川や雄勝病院、大川小学校へ訪問させていただきました。昨年と比較すると少しずつですが復興へ向かっていることを知ることができました。

また、被災された方から当時のお話を伺う機会をいただきました。その中で「震災の2日後の海は非常に静かで、海が憎いと思った」という言葉を聞き非常に心が痛みました。

道路や堤防などの工事は行われ、目に見えるところの復興は進んでいるように感じましたが、被災された方々の心の復興には時間がかかることを認識し、改めて風化させてはならないと思いました。

そんな海の復興が進んでいることを実感したのは夕食です。非常においしかったです!

朝は海から昇る朝日を見ることができ非常に感動しました!また、灯篭流しの灯篭づくりのお手伝いもさせていただきました。

自分が教員になった時にこのボランティアでの経験を自分の教え子たちに伝えていきたいと感じました。

貴重な経験をさせていただいた雄勝の皆様には感謝でいっぱいです。

宮城県石巻市 雄勝学習支援ボランティア   宮城県石巻市 雄勝学習支援ボランティア

教育学部の学生のみなさんが富士見市の市民活動団体等と連携し、子どもたちの学ぶ力や生きる力を育てるための地域活動のボランティアに参加しています。

6月14日(土)に本学部の西田俊夫(体育)先生の講義「みんなでニュースポーツを楽しもう!」を行いました。

 

<ボランティア学生のIです>

子ども大学ふじみ ボランティア参加学生子どもスポーツ大学ふじみでは、レスリングや乗馬、ハンドボールといった普段なかなか挑戦することのできないスポーツを、いろいろな学校の子どもたちと体験し、子どもたちの笑顔は、とても輝いていた。その中で、私もボランティアの一人として、子どもたちと共に時を過ごし、とても貴重な体験をすることができて良かった。

これからも積極的にボランティア活動に参加していきたい。

 

<ボランティア学生のTです>

今回初めて、子どもスポーツ大学のボランティアに参加しまいた。身体を沢山動かしながら子どもたちと触れ合い、スポーツを体験することができてとても嬉しいです。

また、今までにない経験をすることが出来ました。

子ども大学ふじみ ボランティア参加学生子ども達も元気良く、そして仲良く楽しんでいた様子だったので良かったです。

学校や学年の違う子ども達が一緒にさまざまな体験をすることで、好奇心やリーダーシップなど良い影響力があると思いました。

是非また参加したいです。

 

<ボランティア学生のUです>

子ども大学ふじみ ボランティア参加学生子どもスポーツ大学に参加して、今まで経験したことの無いスポーツを体験することができました!

子どもたちも初めてのスポーツが多かったようで、笑顔を輝かせていました!

学校、学年の違う子ども達が共に新たなことに取り組んでいくことで、質の高い学びに繋がっていくと感じました!

 

毎週火曜日は小学校でのボランティア

毎週火曜日の小学校ボランティア活動早起きが苦手な私でも、毎週火曜日は気持ちよい朝が迎えられています。

子どもたちの笑顔を毎週見ることが本当に楽しみです。

今日はどのような1日になるのだろうかとワクワクしています。

 

7月1日は、3年生のクラスで、1日ボランティアをしました。

図工の時間で「ぼく/わたしの休み時間」の絵を描きます。

休み時間にお友達と遊んでいる絵を一生懸命に描いています。

子どもたちの発想はピカイチです。

太陽1つとっても決して同じものは1つもありません。

みんな、とっても素敵な絵ができあがりました。

 

毎週火曜日の小学校ボランティア活動

そろそろ1学期が終わろうとしています。

早く2学期になってほしいです。

私がボランティアで行っている学校では

2~4年生の淑徳の学生が10人前後お世話になっています。

学生が多く集まる火曜日の朝

学生と先生方の親睦を深めようという校長先生の計らいで

先生vs学生の運動対決を行うことになりました。

種目はサッカーやバスケやバレーなど、その日によって決まります。

2月のフィールドスタディーの時と、4月から今までを合わせると、 

合計40試合ほど行いましたが・・・・・・

学生チームは先生方に一度も勝ったことがありません(涙)

次こそは勝てるようにがんばります!

7月1日はバレーを行いました。 

フィールドスタディーが終わり、いよいよ本格的に春休みがスタート!

大学生の長期休業の中では春休みが一番長いので充実した春休みを過ごしている人たちがほとんどです。

そんな長い春休みを利用して教育学部の学生はフィールドスタディーでお世話になった学校や地元の学校で児童の学習補助などのボランティアを始めているようです。

 

読み聞かせボランティア私も先日、フィールドスタディーでお世話になった小学校へボランティアで行ってきました。

その日のボランティア内容は・・・読み聞かせ

1年生の1クラスを担当させていただき、15分間で用意していた2冊の絵本を読みました。

私は初めての読み聞かせでとても緊張しましたが児童たちは真剣にそして楽しそうに聞いていました。

 

今回のボランティアでは

自分の新しい課題をみつけることができ児童たちの笑顔をみることもできて本当によかったです。

とてもいい経験になりました。

 

 

教育学部の1年代表として16人の新入生セミナー委員が、今、結成されています。

新入生に的確な指示を出すことや友達作りがしやすい環境を整えるため、

私たちは会議を重ね、楽しい新入生セミナーを企画しています。

1月4日、5日に行われたリーダーズキャンプに

山路、柳、藤本、海野、谷住、切明、贄田の7人が参加しました。

leders camp

 

このキャンプは、1~3年生のサークル代表者やリーダーになるために学びたい人が参加し、

1泊2日の中でリーダーについて学ぶためのキャンプです。

私たちはこのキャンプを通して自分から行動することを学びました。

このことを活かして新入生同士が友達の輪を広げる手助けをしたいと思っています。

教育学部新入生の皆さんは楽しみにしていてください!