資料請求

平成30年度看護栄養学部「第5回 卒業生保健師との交流会」を開催しました

公開日:2019年03月13日

保健師課程が選択制となり、既に5期の卒業生が保健師として巣立っています。平成30年度は、2名が保健師として就職します。今年度の交流会には、沢山の卒業生、そして保健師に興味・関心を持つ在学生が参加しました。また、看護師として働いている卒業生が保健師を将来の選択肢と考え、情報収集の場として参加しました。

 参加者は、市町村で働いている卒業生保健師11名、保健師就職を検討している卒業生看護師1名、保健師として就職予定の4年生2名、保健師としての進路を検討している3年生4名、2年生3名の計21名でした。

 交流会ではまず、卒業して3年目、もうすぐ4年目に入る先輩保健師から、具体的な保健師活動について紹介がありました。保健師らしく、所属している市の概要とその特徴を紹介し、実際にどのような相談対応や訪問活動をしているのか、分かり易く紹介して下さいました。時には困難な問題にもぶつかり、報告・連絡・相談をしながら解決に取り組んできた経緯が伝わってきました。在学生にとって、地区アセスメントの重要性、報告・連絡・相談ができる上司・先輩・同僚存在の必要性、気分転換が図れる友人の大切さが伝わってくる内容でした。

 その後は、3~4人ずつのグループに分かれ、卒業生と在学生との自由な意見交換の場を設けました。現場の保健師さんが、どのような想いを持って仕事に取り組んでいるのか、ゆっくり話が聞けて良かった、モチベーションがあがった等の意見がありました。先輩保健師からは、保健師仲間が増えて、交流会も賑わってきたように思う、交流会をきっかけに保健師になりたいと思ったことを思い出し、今後も続けて欲しい等の意見がありました。在学生が保健師活動の実際を知り、先輩と交流するのみならず、卒業生同士が意見交換できる貴重な場になっていることを感じました。

 平成31年度卒業の第10期生からも、保健師として一人でも多く就職できるようサポートし、第6回の交流会開催を実現したいと考えています。また、保健師として再スタートしたい、大学院で学んでみたいという方もどうぞ大学にいらして下さい。お待ちしています。

(文責:鈴木美和)

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる