資料請求

「第3回 卒業生保健師との交流会」を開催しました

公開日:2017年04月25日

保健師課程が選択制となり、既に3期の卒業生が保健師として巣立っています。5期生が4名、6期生が4名、そして7期生の平成28年度は、2名の保健師が誕生しました。

保健師としての就職は、希望する市町村に求人がなければ難しく、また、あったとしても募集人数が少ないため応募者が殺到し、極めて狭き門となる場合もあります。そのような難関を突破し、見事に就職内定を得た卒業生には、毎年頭の下がる思いです。 また、希望する市町村の求人を待ちつつ、病院にて臨床経験を重ね、保健師への転職を試みる卒業生も増えてきている様子です。

平成28年度は、卒業生保健師との交流会を卒業式終了後の3月18日に開催しました。4月から新人保健師として就業予定の卒業生は、引っ越しや新年度の準備に追われ、1名のみの参加でしたが、先輩保健師との交流は、保健師活動の雰囲気を感じる良い機会になったようです。

交流会には、市町村で働いている先輩保健師12名、保健師として就職予定の4年生1名、保健師としての進路を検討している3年生4名の計17名が参加しました。

第3回 卒業生保健師との交流会参加した在学生からは、保健師の方々の話を詳しく聞けて良かった、授業の中に組み込んでほしい、自分の進歩の参考になった、今自分が何をすべきなのかが見えてきたため、良い経験になったなどの感想が寄せられました。また、保健師として働いている卒業生からは、色々な市町村・県の保健師と会うことができてとても楽しかった、保健師として働いている私の力にもなった、先輩保健師からのアドバイスでは2年目に向けて自分が取り組むべき課題も見えてきた、先生方にも成長した姿を見せられて嬉しい、今後もこのような機会があれば参加したいなどの意見がありました。

平成29年度卒業の第8期生からも、保健師として一人でも多く就職できるようサポートし、第4回の交流会開催を実現したいと考えています。

(文責:鈴木美和)

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる