資料請求

野村ゼミ制作の外国人冊子「日本人あるある」を秋葉原で配布。 東京2020参画プログラム、応援プログラムに認定される!

公開日:2018年01月26日

外国人冊子「日本人あるある」2017年12月7日、野村ゼミ3年生が制作した外国人向け冊子『Japanese aruaru(日本人あるある)』を秋葉原ドン・キホーテ前で配布しました。日英対訳のこの冊子は、東京オリンピック・パラ ンピックに向けて増加する訪日外国人のために、若者目線で日本人のありがちな行動「あるある を解説するものです。


 電車編では「車内で化粧をする女性」の心理を説き、若者編では「略語や顔文字」を若者が使う理由を解き明かします。カラー12ページの冊子は、企画から取材、執筆、デザインまで学生がすべて手掛け、半年がかりで完成させました。(詳細はこちらをご覧ください)


 今回の冊子配布イベントは、東京2020参画プログラム、応援プログラムに認定されました。認定マーク入りの看板を掲げた学生らは、ドイツ人、オランダ人、フランス人、シンガポール人など各国から訪れた外国人に声をかけ、冊子を手渡しながら笑顔で説明をしました。


電車編、若者編、オタク編、人間関係編、食べ物編、仕事編の6つのパートに分かれている。
A5版で全12頁

外国人に頑張って英語で話しかけて説明

東京2020参画プログラム「応援プログラム」の認定マーク入り看板をかけて配布。終了後に全員で記念撮影

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる