資料請求

野村ゼミの制作冊子「武士道でわかる!! 今ドキ日本人図鑑」東京新聞で紹介される

公開日:2019年01月05日
東京新聞 2018年12月9日付朝刊

 

 人文学部表現学科、野村ゼミ3年生が制作した『武士道でわかる!! 今ドキ日本人図鑑』が、2018年12月9日付け東京新聞で大きく紹介されました。

 この冊子は、日本を訪れる外国人に日本人についてもっと知ってもらいたい、という思いから作成したもの。外国人の間で人気のサムライ、その精神を説いた「武士道」を通して日本人を解説するものです。

 公共編、SNS編、学校編、会社編の4つのパートに分けて、今ドキの日本人を8つのキャラクターで紹介しています。例えば、何かにつけて「すみません」という『ポライトマン』、アカウントを複数使い分ける『アカウント分け太郎』などです。こうした今ドキの日本人に武士道の心が受け継がれているのか否か、近世史を研究する東京大学の山本博文先生にインタビューをして、解き明かしてもらいました。

学生が企画、取材、執筆、編集から、レイアウト、イラスト作成まですべて手掛けた冊子はA5判でカラー20ぺージ。東京新聞の記事では、各パートを担当した学生の思いをしっかり伝えてもらいました。

この冊子をもっと多くの外国人に手にとってもらおうと、12月11日には浅草で配布イベントを行いました(詳細はこちら)。

この配布イベントは、東京五輪を盛り上げる活動を推進する「東京2020参画プログラム」応援プログラムに認証されました。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる