資料請求

『競争から共創へ』 ちば産学官連携プラットフォームが設立されました

公開日:2018年08月13日

8月9日(木)に千葉市内で、「ちば産学官連携プラットフォーム」を設立するための包括協定締結式と設立総会が開催されました。本プラットフォームの設立目的は、地域内の複数の高等教育機関が連携するとともに、行政や産業界と協働・共創することで、高等教育機関の「魅力」を高めるとともに、地域の課題解決力を高めることにあります。千葉市、市原市に所在する計11大学・短期大学が本プラットフォームに参画し、学生募集、教育活動、就職支援、生涯学習、地域支援の各分野で連携するとともに、産学官連携の取り組みを推進します。

本プラットフォームのスローガンは「競争から共創へ」。各大学・短期大学の「強み」や「特色」を活かし、相乗効果を働かせながら、各大学・短期大学の教育改革を共に推進していくとともに、共に地域に生きる大学・短期大学として地域の課題解決に関わっていきます。

淑徳大学磯岡学長設立総会にて、ちば産学官連携プラットフォームの会長に選出された本学の磯岡哲也学長は、設立総会に先立つ包括連携協定式の代表挨拶において、以下のように述べました。 「私ども私立大学には、設立の理念や建学の精神があります。また創設者の教育への情熱や理念を具現化するための教育プログラムがあります。建学の精神は、まさに私学にとっての「いのち」であり、「特色」であり、また「強み」であります。そして、このような難しい時こそ、複数の私立大学が、それぞれの建学の精神を理解し合い、それぞれの「特色」や「強み」を学び合い、共に成長・発展をしていくことが、今後の私学の運営において重要であると思います。」

設立総会では、「ちば産学官連携プラットフォーム」の「規約」、「役員」、「基本方針」、「事業部会の設置」について審議がなされるとともに、出席者より、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組み等についての提案を頂きました。また本プラットフォームの運営委員長には、本学の矢尾板俊平学長特別補佐が指名されました。今後は、各参加校から推薦され方で構成される運営委員会、事務局、事業部会が中心となり、連携・協働・共創の取り組みを推進していきます。

ちば産学官連携プラットフォーム 役員一覧

会 長 磯岡 哲也 淑徳大学 学長
副会長 三幣 利夫 敬愛大学 学長
理 事 來生 新 放送大学 学長
理 事 佐久間 勝彦 千葉経済大学 学長・千葉経済大学短期大学部 学長
理 事 中澤 潤 植草学園大学 学長・植草学園短期大学 学長
理 事 中條 俊夫 東都医療大学 学長
理 事 宮内 孝久 神田外語大学 学長
理 事 冲永 寛子 帝京平成大学 学長
理 事 金子 重紀 千葉明徳短期大学 学長

ちば産学官連携プラットフォーム 連携事業部会

連携事業部会名 連携事業部会の取り組み内容
学生募集連携事業部会 千葉市内の高等教育機関の学生募集力を強化するために、各大学・短期大学の入学定員の確保に関わる取り組みを連携・協働して取り組む。
教育活動連携事業部会 千葉市内の高等教育機関における教育の魅力を高めるために、市、産業界とも協議を行い、「教育の魅力」を測定するための指標を開発する(共同IRも含む)とともに、教育の魅力を高めるための教育改革の推進や単位互換制度の運用、の取り組みを連携・協働して取り組む。またリメディアル教育を含む共同教育プログラムの検討を行う。
就職支援連携事業部会 千葉市内・県内に所在する地元企業への就職率を向上させるために、千葉市内・県内に所在する地元企業と学生とのマッチング機能を高める。特に、千葉市内に在住する学生の地元企業への就職率を向上させる。
生涯学習連携事業部会 人生100年時代において生涯学習や社会人の学び直し機会を積極的に提供するために、生涯学習講座、授業開放講座等の取り組みを推進し、各大学・短期大学と連携、協働して取り組み、アクティブシニア世代の方やセカンドキャリア形成を考えている方に積極的に学びの場を提供していく。また「ちば学」の検討を行う。
地域支援連携事業部会 千葉市内の高等教育機関の教育・研究活動を通じて、千葉市が抱える課題解決に関わり、「まち」としての魅力を高めるために、市、産業界と高等教育機関が「まち」の課題を共有し、その課題解決に積極的に取り組む。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックの取り組みを検討・実施する。
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる