資料請求

千葉県印旛郡酒々井町と包括連携協定を締結いたしました

公開日:2017年03月14日

平成29年3月10日(金)に、千葉県印旛郡酒々井町役場にて、酒々井町と本学との間での包括連携協定を締結いたしました。本学からは、磯岡哲也副学長・地域連携センター長が出席し、酒々井町の小坂泰久町長との間で締結書の取り交わしが行われました。

本学が千葉県内で締結した自治体との連携協定は、千葉市に続いての締結になります。
酒々井町との包括連携協定では、酒々井町の地方創生、地域づくりやまちづくりにおいて、淑徳大学が持つ資源を活用していただくとともに、酒々井町が持つ地域資源を活用させていただくことで、淑徳大学の教職員の教育研究のフィールド、学生の学びのフィールドが広がることになり、連携事業を通じた相乗効果が期待されます。

今回、締結された協定書では、以下の具体的な項目が連携の内容として挙げられております。

  1. 淑徳大学の専門性を生かした地域貢献活動に関すること。
  2. 教育・文化・福祉・看護・地域政策等に関すること。
  3. 障がい者スポーツを含む地域スポーツ全般の振興に関すること。
  4. 地域と連携した防災対策に関すること。
  5. 人材の育成に関すること。
  6. 酒々井町の施策の推進や地域の課題解決のための大学資源の活用に関すること。
  7. 100年安心して住めるまちづくりに関すること。
  8. その他前条の目的を達成するために必要な事項に関すること。

来年度から、本学の学生が酒々井町を訪れ、酒々井町をフィールドにした学びを展開していく予定です。詳細は、地域連携センターからお伝えしていく予定です。

千葉県印旛郡酒々井町と包括連携協定
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる