資料請求

千葉市と淑徳大学との包括的な連携に関する協定を締結しました

公開日:2017年06月19日

6月16日(金)に、淑徳大学は千葉市との包括的な連携に関する協定を締結し、熊谷俊人千葉市長、磯岡哲也学長による協定書への締結式が執り行われました。

千葉市と本学は、平成22年5月に地域の福祉、健康等の増進及び人材の育成に貢献することを目的として相互連携協定を締結して以降、千葉市において、本学が持つ専門性の高い知見や人的資源を活用しながら、各分野において連携を進めてきました。

こうした連携の成果を踏まえ、今後、さらなる連携・協働の取り組みを推進し、発展させていくことを目指し、今回、包括的な連携に関する協定を締結することとしました。

連携事項は以下の4点です。

(1)淑徳大学の専門性を生かした地域貢献活動に関すること。

(2)人材の育成に関すること。

(3)千葉市の施策の推進や地域の課題解決のための大学資源の活用に関すること。

(4)その他前条の目的を達成するために必要な事項に関すること。

また、今回の包括連携協定の中で、今後、検討する主な事業としては、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催や社会構造の変化に伴う政策ニーズへの対応を想定し、以下の5点のテーマが設定されました。

  1. パラスポーツ講座・交流会の開催など共生社会の実現に向けた取組み
  2. 中央区のまちづくりに関する協働・参画
  3. 介護人材の確保・定着の促進に関する支援
  4. 看護・介護・福祉分野等における新製品開発に対する助言・評価
  5. 食品関連事業者と連携した新商品の開発

以上のようなテーマを通じて、本学学生の実学を通じた「学びの場」を充実させ、学生の地域の課題解決等への参画を推進していく予定です。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる