資料請求

学長メッセージ「大学認証評価について」

公開日:2018年06月30日

大学認証評価について

淑徳大学 学長 磯岡 哲也(いそおか てつや)

 我が国のすべての大学は、大学としての教育の質を保証するため、7年に一度国が認めた認証評価機関により大学評価を受けその結果を公表する義務があります。大学にとっては、社会的存在理由を明らかにし、社会に対して説明責任を果たす機会であり、米国のアクレディテーション方式にならって、平成14年の学校教育法改正により制度化されました。
 本学では、平成16年第一期、23年第二期、そして今年30年に第三期認証評価を受審します。内容は、大学の教育の理念・目的、教育内容や方法、教育研究組織、就学支援・生活支援・進路支援などの学生支援、教育・研究等の環境整備、社会連携・社会貢献、国際交流、財務状況にいたるまで、大学の機能全般、ことに教育の質保証のあり方について自己点検評価をもとに認証評価機関の評価を受けるものです。
 一例を挙げれば、「社会連携・社会貢献」では、「社会連携・社会貢献を推進するために、学外組織と適切な連携体制が構築されているか」、「社会連携・社会貢献に関する活動による教育研究活動の推進が図られているか」などが評価の視点になっております。本学は、この項目では他にひけをとらない実績があると自負しており、既に、各キャンパスの地元自治体や、企業、近隣の町内会などと包括協定を締結し、それに基づいて学生諸君の学外教育プログラムを展開しております。
 秋には、大学基準協会という認証評価機関から数名の評価員が実地調査に来学します。その際、教職員ばかりでなく学生諸君へのインタビューが設定されるかもしれません。指摘された項目は、本学で改善に取り組み、数年後にはその結果を報告することになります。何より学生諸君への教育の質を保証するためですので、教職員一丸となって対応しております。なお、過去に受審した認証評価結果や改善報告は、本学公式ホームページの「教育情報の公表」で公表しております。

大学広報「Together 222号」より

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる