2010年11月アーカイブ

学生編集スタッフです。今日のインタビューのお相手は野外教育がご専門の瀧直也先生です。このブログでも特集した「コミュニティ研究Ⅱ」のフィールドワークは瀧先生を中心に実施されました。

Q1.そのフィールドワークのご感想は

A.思ったよりはうまくいったと思います。学生達にもいい思い出になったと思います。机上では学べないことこそが将来必要になってきます。

Q2.コミュニティ政策学部の一期生に対して

A.いろいろな面でリードしていって欲しい。そして早く卒業して、いろんなところで活躍してほしい。

Q3.来年の一年生に一言。

A.早く学生になって、学生の生活を全うしてほしい。

Q4.奥様に一言。

A.いつも感謝しています。

瀧先生の研究室はいつも多くの学生が出入りし賑わっています。アウドドア派でワイルドだけど優しい先生、少年のような心を持った先生です。褒めすぎかな。

760
森の中に行くと瞳が輝きます。かといってオオカミではありません。森の中に行くと瞳が輝きます。かといってオオカミではありません。

淑徳大学がアシストスポンサーになっているジェフ・ユナイテッドのキャラクター「ジェフィー君」がキャンパスを訪ねられました。キャンパス内ではさまざまな場所を訪れ、学生と交流しました。学生達も突然の登場にびっくりした様子でした。ジェフ・ユナイテッドの機関誌「UNITED」の取材のためです。学生食堂で昼食を食べて、スクールバスで帰りました。

748
15号館の前で15号館の前で 749
教室で教室で 750
食券を買っています食券を買っています 751
メニュー選びに迷っている様子ですメニュー選びに迷っている様子です 752
フクアリに近い蘇我駅までスクールバスで帰っていきましたフクアリに近い蘇我駅までスクールバスで帰っていきました

サービスラーニングセンターの石川(紀)です。コミュニティ政策学部一年生の特別養護老人ホーム・淑徳共生苑の見学が始まりました。総合福祉学部でも一年生全員が見学に行きますが、コミュニティ政策学部でも同様に一年生全員がクラス毎行きます。今日はEクラス14名が訪問し、施設長の林先生からご講話とご案内をいただきました。淑徳共生苑は淑徳大学の実習機関をいうこともあり、先日は天皇皇后両陛下がご来苑されました。今後他のクラスも訪問します。

743
熱心に聴いていました熱心に聴いていました

ゆめ半島千葉大会にボランティア参加したコミュニティ政策学部一年生のレポートを紹介しています。

◎愛知県の陸上競技チームを担当しました。選手の皆さんは高校生が多かったのですが、大変礼儀正しく、見上の人に対する対応や会話が上手で感心しました。さらにとても明るく、たくさんの元気をもらいました。6日間はあっという間に感じました。始まる前は不安でしたが、今ではやって良かったと心から思います。愛知県の選手、役員の方々に出会うことが出来、大きな思い出になりました。

◎6日間のボランティア活動を通して、いつでも全力で相手に接すること、また相手の幸せが自らの幸せにつながることを学びました。初めは本当に選手の役に立つことが出来るかとても不安でしたが、初日から暖かく迎えられ、次第に相手に出来る限りのことをしてあげたいと気持ちが芽生えました。それと同時に働くことが自分にとってもとても楽しく有意義な時間になっていきました。選手の皆さんのアスリートとしての気持ちを共有出来ました。「一期一会」という、与えられた短い出会いの中で、常に全力でぶつかっていくという気持ちがより一層強くなった6日間でした。静岡県選手団に皆様、本当にありがとうございました。

ゆめ半島千葉大会(障害者国体)にボランティアとして参加したコミュニティ政策学部の感想を何回かに分けて紹介していきたいと想います。

☆初めての経験で、最初は不安でしたが、選手の方に声を掛けられて会話も弾み、今までに経験したことの無い感動を味わいました。私の担当は聴覚障害舎の方々で、私は手話が出来ませんでしたが、筆談や携帯で会話する音が出来ました。選手の方々は皆さん優しくて、暖かくて、とても明るい人達でした。話していると自然に笑顔になれました。今度は手話を勉強しておしゃべりしたいと想います。ゆめ半島千葉大会が終わって、半月が過ぎましたが、まだまだ余韻に浸っています。

☆言葉は通じなくても笑い合えたり達成感と感動で一杯でした。

☆サポーツする側にもかかわらず、サポートしてもらっている自分に気づきました。自分の世界が広がった瞬間でした。

学生編集スタッフです。今日のインタビューのお相手は教学副委員長の山本功先生です。

Q1.「功」の名前の由来は

A.父の名前が「九右衛門」で「十右衛門」になりそうでした。しかし、ぐれそうだという事で、シンプルに「功」になったそうです。困ったことは同姓同名の人が結構いること。

Q2.ダンディになるため気をつけていることは

A。「自分はダンディであるはずだ」という心意気です。見た目ではなく、心からダンディであることが大事です

Q3.学生からは何と呼ばれていますか

A.同じ山本姓の先生が一緒の場合「いさお先生」で、今は「イケメン先生」です(笑)

Q4.コミュニティ政策学部について一言

A.この学部は現場に出て行く学部なので、現場とは何かについて知る必要があります。現場は生もので、そこに関わる人によって変わっていく、それを伝えたいと思います。

Q5.来年の新入生に一言

A.世の中に知らないことがたくさんあることを知りましょう。と同時に、あなたは知りすぎていて、それが当たり前になっていることも知ってほしいと思います。

ぐれることもなく、逆に犯罪社会学を専門とする山本先生。世の中の裏側をリサーチするならばこの先生しかいません。

734
ダンディさは別として、話のおもしろい先生ですダンディさは別として、話のおもしろい先生です

サービスラーニングセンターの石川(紀)です。本学の連携先である千葉ロッテマリーンズが日本シリーズを制覇しました。記憶に残る戦いとなったシリーズでしたが、見事優勝しました。心からお祝い申し上げます。学生達が研修に行ったり、大学のマッチディーを実施したりと本学がお世話になっているマリーンズが優勝し学生達も喜んでいます。21日は市内でパレードがあります。

728
8月に実施した淑徳大学スペシャルナイター8月に実施した淑徳大学スペシャルナイター 729
始球式はコミュニティ政策学部一年生が行ないました始球式はコミュニティ政策学部一年生が行ないました

学生編集スタッフです。私達のゆめ半島千葉大会ボランティア活動のご報告をします。

(川下)最初ボランティア活動をやると決めた時、大変だと思っていました。大会が始まり活動をするようになって聴覚に障害を持つ方々と共にがんばった6日間は大変すばらしい体験と思い出に変わりました。

(鈴木B)選手の皆さんと過ごした6日間はとても濃く、ただ毎日を過ごしているだけだった私にとって良い刺激と感動を受けることが出来ました。

(鈴木S)ボランティア活動を始める前は不安でした。ところが大会が始まり、選手の方々と交わり不安は消えてしまいました。そのおかげで活動がスムーズに出来ました。選手の皆さん、感動と喜びとたくさんの思い出を本当にありがとうございました。

723
グランドゴルフ山梨県チームの皆さん、ありがとうございましたグランドゴルフ山梨県チームの皆さん、ありがとうございました

10月はゆめ半島千葉大会ボランティア活動、そして龍澤祭とコミュニティ政策学部一年生にとっては初めての経験の中でいろいろなことを学びました。龍澤祭の後片付けで昨日は休講。いよいよ今日から後期の後半戦がスタートです。久しぶりの快晴。コミュニティ政策学部と一緒に出来た15号館の展望テラスからは富士山が見えています。

717
東京湾を越えて見える富士山東京湾を越えて見える富士山 718
快晴の千葉市内。下の道路は京葉道路です快晴の千葉市内。下の道路は京葉道路です

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ