CHIBA DREAM STORY First Stage "DREAM CAMPUS in Chiba" を開催

CHIBA DREAM STORY First Stage “DREAM CAMPUS in Chiba” を開催

 

 コミュニティ政策学部矢尾板ゼミ(ケーススタディ、ワークショップ)では、6月10日(水)によしもと幕張イオンモール劇場にて、「DREAM CAMPUS in Chiba」を開催いたしました。(千葉市にご後援頂きました。)。当日は100名を超えるお客様にご来場いただきました。

 

学生たちが、千葉県内の企業の経営者の皆様、人事担当者の皆様と千葉県内の大学で学ぶ学生たちとの交流の機会を設け、学生たちが地元企業の魅力を知り、熱い想いを持った経営者の方に出会い、学生たちが夢を描き、その夢に挑戦するとともに、地元企業に就職することができるような企画を考えました。そして単発なイベントとして終えずに、就活シーズンを通して、企業の皆様のサポートを得ながら、交流の機会、接触機会を重ねて、学生たちが自分の夢や目標に挑戦していくことができるよう年間を通したCHIBA DREAM STORYをスタートしました。

企業の皆様の「想い」と大学生の「夢」を結び合い、学生たちの成長や夢への挑戦を通じて、千葉の活性化につなげていきたいと思います。

 当日の内容は、オープニングの後、ジューシーズと怪獣によるお笑いライブ、そして学生による「夢プレゼン」が行われました。

 夢プレゼンでは、まずドリームプレゼンターno.1 永見慶太くんが「ワクワクする「非日常的空間を」作りたい!」をテーマにプレゼンテーションを行いました。

 ドリームプレゼンター・永見慶太くん

  次にドリームプレゼンターno.2 田村直人くんが「自転車で千葉を盛り上げる」をテーマにプレゼンテーションを行いました。

 

 ドリームプレゼンター・田村直人くん

  そして最後にドリームプレゼンターno.3 木村有花さんが「地域を元気に!地域活性化プロデューサー」をテーマにプレゼンテーションを行いました。

 

ドリームプレゼンター・木村有花さん

  どのプレゼンも、将来の自分の仕事や、これからチャレンジしていきたいことのビジョンを、これまでの経験を踏まえ、具体的に発表をすることができました。そして多くの企業の皆さんから応援のプラカードを上げて頂きました。

 この他に、学生が就職活動への想いを語るトークライブと質問コーナーなどが行われました。

 

 

 CHIBA DREAM SOTRYとしては、引き続き、7月12日にバーベキュー大会と学生記者会見を開催する予定です。詳細は、Facebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/chibadreamcampus

企画コンセプト

   「夢」 × 「想い」のマッチング + 「企業」 × 「学生」のマッチング 

⇒ 新たな「就活」

①学生が主体となり、「企業経営者、人事担当者の方が「想い」を語り、学生が「夢」を語り、交流を重ねていくことで、企業にとっても、学生にとっても「未来」を描く、という新たな就職活動スタイルを作りたい!」、「継続的に学生の就職活動をサポートしたい!」という想いで企画。

②学生が企業の方や社会人の方との交流を通じて、成長をしていきながら、「就活」をしていく、学生が企業の皆様の想いに共感して、就職先を希望していく、そのような既存の就活スタイルに代わる、学生主体型の新たな「就活」スタイルを提案。

 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ