新入生セミナーが無事に終了しました。

 コミュニティ政策学部の新入生セミナーが4月20日(金)、21日()にサンライズ九十九里で行われました。一日目は、全体会でセミナーの趣旨と手話について理解を深めた後、クラス対抗のミニ運動会を行いました。この運動会は、上級生の学生スタッフが1月から企画運営を進めてきたものでした。

 開会式、ラジオ体操に始まり、玉入れ、ウィンクキラー、冠、大縄跳び、二人三脚、閉会式で終了し、栄えある一位に輝いたのはDクラスでした。どの競技もクラスの団結力を問うもので、一つの種目が終わるごとに、たくさんの歓声と笑顔、そしてクラスの一体感が生まれていきました。

閉会式の時には全大会の時とは打って変わって達成感、充実感が会場に溢れていて本当に素晴らしい運動会でした。スムーズな進行を支えたのは、学生スタッフの綿密な調整の賜物でした。

 夜にはゲーム「教えて!コミュニティ政策学部の先生」が行われました。これは、1年生がひいたくじに対して4人の教員がコミュニティ政策学部を支える4分野(社会学、経済学、法律学、政策学)等にまたがる学問的な知見から即興で回答し、1年生はその内容をノートに書き留める練習をしました。今年引かれたくじの内容は、卍、プレミアムフライデー、ながらスマホ、恋。教員が競って、焦っている姿を見て、一年生に親近感を持ってもらえたのではと期待しています。

 二日目は、矢尾板先生からコミュニティ研究Ⅱでの取り組みと長谷川良信先生の理念をどのように結び付けていくかという観点からの講義をいただきました。

 学生スタッフの温かな運営の元、無事にセミナーが終わりました。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ