第22回常盤平団地ふれあい広場(健康・福祉フェア)

コミュニティ研究Ⅰ 「第22回常盤平団地ふれあい広場(健康・福祉フェア)」(日野・村上(玲)クラス)

 

コミュニティ研究Ⅰ(日野・村上(玲)クラス)の活動の一環として、6月17日(日)、「第22回常盤平団地ふれあい広場(健康・福祉フェア)」に参加しました。

今年度も昨年度同様に、開会・閉会準備はもちろん、昼食の用意、各種イベント(フラダンス、お楽しみワクワク大抽選会等)にも積極的に参加するなどして、常盤平団地に住まわれている皆さんと交流を深めることができました。

常盤平団地は「孤独死ゼロ発祥の地」とされており、地域コミュニティによる孤独死の防止策に関して世間の耳目を集めています。常盤平団地自治会や常盤平団地地区社会福祉協議会が中心となって、「孤独死ゼロ作戦」の推進に取り組み、例えば、いきいきサロンや見守り活動など、団地住民すべての方々が寄り添い、分かち合い、誰もが安心して住み続けられるために、地域ぐるみで対応しています。学生らも大変興味深いようで、積極的に地域の方々と触れ合っておりました。

今後もこうした現場を踏まえ、地域コミュニティの重要性や地域社会の活性化を見つめ直していきたいと思います。

(文責:日野)

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31